安息日:希望の光 2014.7.5

 2014-07-05
今日は金曜日。安息日入りの日である。今日もいろいろあった一日だった。

東エルサレムでは、午後、殺害されたパレスチナ人少年の葬儀が行われた。数千人が参列し、暴動となり、35人が負傷した。

神殿の丘でも暴動となり、パレスチナ人が、治安部隊に石を投げつけ、治安部隊は催涙弾で彼らを追いかけた。

イスラエルが、パレスチナ人のために東エルサレムまで伸ばした路面電車の駅を、パレスチナ人たちは、めちゃめちゃに破壊した。破壊しただけではない。乱暴なヘブライ語で、落書きが残されていた。”イスラエルに死を””ユダヤ人に死を”

ロケット弾攻撃が続いている南部では、まだ攻撃が続いている。国境では、ガザへの侵攻に備えて、イスラエル軍が戦闘態勢を整えている。

一日の取材を終えて歩きながら、昨夜エルサレム上空を、南へ向かって飛んで行った何機もの輸送機を思い出した。その姿を思うと、なんとも泣けてきた。この国は、どうしてここまで憎まれ、苦しまなければならないのか・・・

<手渡された2本のろうそく>

そんなことを思いながら歩いていると、6才くらいの、キッパをつけた小さなかわいい男の子が近づいて来た。ぼくとつな10cmぐらいのろうそくを2本差し出している。「これは安息日のろうそく。」と言った。

私はユダヤ人ではないのにもらっては悪いと思い、遠くに父親らしき人が、彼を呼んでいたので、「ほら、お父さんが呼んでるよ。」と言った。男の子は「あれはお父さんじゃないよ。」といって離れなかった。

2本のろうそくを受け取ると、「8時につけてね。」と言った。私は、「絶対につけるよ。」と約束した。

ユダヤ教徒が、安息日の前に、通りで同胞のユダヤ人に安息日用のろうそくを配ることがあるが、いかにも異邦人の私に配る事はほとんどない。しかもこんな小さな子供が、見知らぬ異邦人に単独で近づいてくる事はない。

また彼がくれたろうそくは、安息日配布用ではなく、ただの普通のろうそく(ろうそく立てがないと立たない)である。何もかもが不思議だった。

主は、私たちの涙と祈りを知ってくださっているー。「わたしが安息日の主。わたしを迎えなさい。わたしに祈りなさい。」主がそう言われているような気がした。

主はシオンを選び、それをご自分の住みかとして望まれた。「これはとこしえにわたしの安息の場所、ここにわたしは住もう。わたしがそれを望んだから。(詩編132:13-14:ぜひ全編をどうぞ)
タグ :

初めの雨!2013.9.22

 2013-09-22
仮庵を祝うエルサレムでは、21日午後7時ごろ、今年初めての雨が降った。30分ほどだったが、しとしとと、けっこうしっかり降っていた。

仮庵の祭りは収穫祭である。ということは、新しい農耕サイクのはじまりということでもある。したがって、長い乾期の後のこの時期に、初めて降る雨のことを「初めの雨」という。

初めの雨は、穀物の種が土に定着しやすくする。この後、春までは、時々雨が降り、冬にかけては雨期となって穀物が育つのである。

これに対し、後の雨は2,3月ごろに降る大雨を指す。これは春の収穫まぎわに大雨を降らせて、穀物をさらに豊かにしてくれる雨である。(エレミヤ5:24、ヤコブ5:7)

神学的には、一般に、初めの雨は、最初に聖霊が下ったペンテコステを現し、後の雨は、主の再臨の前の大リバイバルを指すと言われている。(ホセア6:3、ヨエル2:23、ゼカリヤ10:1)
タグ :

映画「パッション」のイエス役、ジム・カビーセル氏はユダヤ人 2013.7.17

 2013-07-17
ニュースとは関係ないが、遅ればせながら、イエス役のジム・カビーセル氏がイエスを信じるユダヤ人だったということを発見。イエス役を通して、カビーセル氏自身、多くを学び経験したという。

映画の場面も含めた数分のインタビュー、必見!
http://www.youtube.com/watch?v=3f8FpwKPmcc&feature=youtube_gdata_player (英語)
タグ :

ケリー米国務長官6回目の挑戦-イスラエルとパレスチナの和平なるか? 2013.6.27

 2013-06-27
ケリー国務長官が6回目となる中東訪問を今週中に予定している。イスラエルとパレスチナの直接和平交渉再開の具体化が目標だ。

和平交渉再開については、イスラエルの建築活動の全面停止を和平交渉開始の条件とするアッバス議長のスタンスは変わっていない。

一方、ネタニヤフ首相は、「根本的にパレスチナ人が、”ユダヤの国”イスラエルの存在を受け入れるのかどうか」が問題であって、入植地が問題の核心ではない主張。エルサレムや西岸地区の入植地での建設を継続している。

今回もあまり期待感はないが、ともかくケリー米国務長官は再び挑戦するもようである。

<憎しみはつのる・・>

ケリー国務長官やネタニヤフ首相が、なんとか平和を実現したいと努力する背後で、先週、ユダヤ人によるイスラエル在住アラブ人の町2カ所で大々的な「値札行為」があった。

「値札行為」とは、「アラブ人は出て行け」などと大きな落書きをしたり、車のタイヤに切り込みを入れるなどの嫌がらせ行為である。先週、エルサレム近郊のアラブ人地区のアブゴーシュで車28台、ベイト・ハニナで20台の車が被害にあった。

アラブ人たちは、「イスラエル政府はユダヤ人テロリストには甘い。逮捕しても24時間で出てくる。」と怒りをつのらせている。このままでは第三インティファーダになるかもとの声も。

一方、アラブ人も、アラブ人議員が国会で、イスラエルを呪うような言葉を言い続けていることも問題となっている。

<平和の実現を阻むパターン>

こうした過激な人々は双方にいるが、一般大衆は、ユダヤ人でもアラブ人でもとにかく平和を望んでいる。一部の過激な者たちが、常に平和への努力を壊してしまうというのがパターンである。

アラブの世界では、イスラエルを非難することで英雄となり、イスラエルを認めることで命の危険すら出てくるので、公の人物はイスラエルに同調する発言ができないというパターンがある。
タグ :

パレスチナ国連問題再び 2012.8.5

 2012-08-06
昨年9月、パレスチナ自治政府は、国連安保理に対し、PLO(パレスチナ解放機構)の名目による国連の団体オブザーバーの立場から、パレスチナという国名による加盟国として、国連に加えられるよう安保理に要請を出した。

これについて安保理は、地域の安定化につながらないとして、採択せず保留にしたままである。これに対し、パレスチナ自治政府は、今年9月、別の切り口から再び国連にチャレンジする方針を明らかにした。

今年は、国連に対して、”国連の団体オブザーバー”から”国連の非加盟国オブザーバー”にアップグレードするよう、国連総会に要請する。同じオブザーバーでも、”団体”から”国”としての国際的な認識を得ることになる。

実際には、事務総会で何が決まっても実行力はないのだが、パレスチナが”国”であるとの認識が定着してくれば、安保理もパレスチナを加盟国として認めざるを得ない状況が生まれるとのねらいがある。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫