神殿の丘:静かな金曜日 2017.7.30

 2017-07-30
木曜、イスラム教徒が神殿の丘(アル・アクサ)での祈りを再開したところ、中で治安部隊との衝突となり、パレスチナ人の負傷者が100人以上出た。このため、警察は、翌金曜日イスラムの祈りに、50歳以下の男性が神殿の丘へ入ることを禁止した。

このため、再び大きな衝突になることが懸念され、警察は、旧市街内外で警戒にあたる治安部隊の数を大幅に増強するとともに、祈りの時間前後は、周辺道路を閉鎖して警戒にあたった。

この日、昼の祈り時間にダマスカス門に行ってみた。ダマスカス門周辺は、柵が張り巡らされ、車両は通行止めとなっていた。

暴徒対処班と見えるフル装備の国境警備員が数十人ならんでいる前には柵があって、そこから先へは進めないようになっていた。柵の反対側には、国境警備隊とにらみ合う形で、パレスチナ人男性数百人集まっていた。が、その数は、予想以上に少ないように見えた。

チャンネル2はじめ、メディア関係者は、ほとんど、国境警備隊の側にいた。ヘルメットをや防弾チョッキ姿でばらばらとカメラを構えて立っている。その数十メートル背後には、暴徒を蹴散らすための大きな馬と、騎馬上でフル装備の警察官が5人、控えていた。。

やがて、イスラムの説教者が叫ぶように何かを語り、パレスチナ人たちは、にらみつけるような顔で、腕組みをしながら、それに聞き入り、時々、男性の幅のひろい合唱のような声で、いっせいに「我々の血と霊でアルアクサを解放する」と叫んでいたが、やがてばらばらと祈りの体制に入った。

すると、国境警備隊員たちが、重そうなヘルメットを着用し始めた。通常、祈りが終わったときに、衝突が始まるからである。治安部隊の中には、少なくとも3人は美しい女性隊員が男性隊員と同じ重装備で立っていた。

イスラムの祈りは5分ほどで終わる。パレスチナ人たちが、祈り終わって、ばらばらと立ち上がりはじめると、緊張が走った。しかし、見ていると、後ろの方から順に、ばらばらと、しかしさっさと男性達が背を向けて帰っていくのが見えた。

「ではみなさん、祈りましょう」とか、「今日の祈りは終わりです」とかいう合図もなにもなく、「終わり・・?」という感じである。10分もすれば、3分の2ぐらいのパレスチナ人はいなくなっていた。治安部隊も、重そうなヘルメットをはずし、振り向くと、騎馬隊もいなくなっていた。

そのうち、柵の端の方で、治安部隊が、パレスチナ人のIDをチェックし、男性達を通し始めた。もう終わった、危険は去ったので、神殿の丘へも入ってOKというわけである。

やはりすべては30分もかからなかった。1時20分ぐらいまでにはすべてが終わっていた。この日、ダマスカス門だけでなく、ライオン門でも衝突はなかったと伝えられていた。アルアクサ(神殿の丘)への入り口からは、パレスチナ人が何の障害もなく出入りしている様子が、テレビで報じられていた。

その翌日土曜日も、神殿の丘では、”イスラエルに勝利した”祝賀だったそうだが、衝突はなく、祈りが終わると、群衆はすんなり帰っていったという。平穏が2日続いたことから、こんどこそ、本当に一段落かと報じられている。

さらに、イスラエルとの治安協力を保留にしていたパレスチナ自治政府も、イスラエルとの治安協力を全面的に保留としていたが、徐々に元に戻すという。

http://www.timesofisrael.com/security-cooperation-with-israel-to-resume-gradually-pa-official-says/

今回、意外に速く、今の所、危機を回避したようであるが、背後でトランプ政権が何らかの介入をしていたようである。Yネットによると、ヨルダンのアブダラ国王が、アメリカに、早期の沈静化に向けた介入に感謝したと伝えている。何をしたかは不明。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4995745,00.html
タグ :

西岸地区・ガザ地区・ヤッフォでは衝突 2017.7.30

 2017-07-30
エルサレムでは、比較的静かな週末であったが、西岸地区、テルアビブのヤッフォ、ガザ地区では、パレスチナ人と治安部隊との衝突があった。

1)西岸地区

金曜、エルサレムから南へ約30分の入植地グッシュ・エチオンのテロが多発するジャンクションで、パレスチナ人(24)が、をナイフで刺そうとして、射殺された。

この他、ベツレヘム、ヘブロン、ナブルス、カルキリヤなど西岸地区各地で、投石や催涙弾を伴う衝突があり、暴徒に紛争して暴徒に紛れ込み、逮捕するイスラエルの特殊部隊が撮影されたりしている。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4995798,00.html

パレスチナメディアによると、神殿の丘問題が始まってから、イスラエルとの衝突で死亡したパレスチナ人は13人に上る。(イスラエル人の犠牲者は5人) イスラエル軍によると、今週西岸地区各地で暴力的なデモに参加したのは1000人ぐらいだった。

http://www.maannews.com/Content.aspx?id=778404

この他、いちいち報告されていないが、イスラエルの治安部隊は、西岸地区では、様々な踏み込み捜査を継続して行っており、逮捕者が出たり、武器、未登録の車両などの没収が、定期的に行なわれている。

2)ガザ地区

ハマスがイスラエルとの国境へ集結せよとの指令を出していたが、フェンスをはさんで、イスラエル軍と衝突となり、投石したり、燃えるタイヤを投げつけたりしたため、イスラエル軍が実弾で反撃。

数十人が負傷した他、ガザの少年(16)が死亡した。イスラエル兵も1人は投石にあたって負傷。一連の衝突で、パレスチナ人4人が逮捕された。

*旧市街含むエルサレム市内の警備は国境警備隊(警察)だが、ガザや他国との国境の場合は、イスラエル軍が警備にあたる。

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/One-killed-in-violent-clashes-in-Gaza-amid-Temple-Mount-tensions-501047

イスラエル各地では、様々なカイタナ(夏休みキャンプ)が行なわれているが、夏キャンプハマス流という記事があった。軍隊の軍事教練そのものである。ここで、イスラエルへの憎しみを身につけてしまうのである。

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/In-Pictures-Summer-camp-Hamas-style-501026

3)ヤッフォでの衝突

テルアビブのヤッフォでは、土曜早朝4:30、犯罪グループが撃ち合いをしているとの通報があった。警察がかけつけ、犯人らを追いかけて、銃撃戦となり、1人(21)が死亡、1人が負傷した。

午後になり、早朝の上記事件現場にて、アラブ系市民らがデモを行った。ヤッフォは、住民の約3分の1がアラブ人である。最近は緊張が高まっていたという。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4995780,00.html
タグ :

神殿の丘:暴動で100人以上負傷 2017..7.28

 2017-07-28
27日、イスラエルが、新しく設置した金属探知ゲートとその付属設備、防犯カメラまですべて撤去したことを受けて、イスラム側は、アルアクサ(神殿の丘)に入って祈ってもよいと発表したことはお伝えした通り。

イスラエルの警察が、自国民に「パレスチナ人に降参した」「自国の警察官の安全はどうでもよいのか」と非難されつつも、ここまで譲歩したので、すんなり落ち着くかと思ったが、やはり甘かったようだ。

パレスチナ人たちは、「イスラエルに勝利した」として歓喜にわきたち、スイーツを配ったりして祝っていたが、午後には、数千人が、主にライオン門近くの部族ゲートから、神殿の丘になだれ込んだ。

祈りが先であったとは思われるが、そのあと、神殿の丘構内は、歓喜したパレスチナ人らが、イスラエルの治安部隊に石やびんを投げつけるなどして、暴動となった。

パレスチナの若者たちは、アルアクサモスクの上に登って、パレスチナの旗を翻した。治安部隊は、旗をとりおろし、暴徒には、催涙弾などを使って暴徒を鎮圧しようとした。暴徒らは、「これは戦争だ」「警察が我々を戦争にひきずりこむのだ」と叫んでいたという。

神殿の丘構内は、暴徒化したパレスチナ人、治安部隊が入れ混じり、その間を負傷者を探して収容する小さい車があちこちするなど、文字どおりバラガン、むちゃくちゃの大混乱となった。

混乱に使われた石は、下の嘆きの壁で祈っているユダヤ人の上にも落ちたが、幸い、けが人はなかった。

この暴動が、どのぐらいの間、続いていたかは不明だが、最終的には、神殿の丘構内とその周辺での暴動で、110人以上が負傷したと伝えらえている。その後、ニュースはないため、その後、事態は収まっているものと思われる。

多数のメディアが見守る中での暴動であったためか、多くのビデオや写真がネットでも流されている。明日は、金曜だが、イスラム教徒らが穏やかに礼拝してくれればと思う。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4995269,00.html
タグ :

テロ被害家族サロモンさん一家の割礼式 2017.7.28

 2017-07-28
先週金曜、ハラミシュの入植地のサロモンさん宅が侵入テロに襲われ、3人が惨殺されたが、この時一家は、安息日とともに、その前日に生まれたばかりの新生児の誕生を祝っていた時だった。

ユダヤ教のしきたりにのっとり、家族は予定どおり、この子の割礼式を行った。市民数百人と、ネタニヤフ首相夫妻がこの祝いの席に参列している。割礼を受けた男の子は、犠牲となった祖父とおばの名をとってアリ・ヨセフと名付けられたという。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/233082
タグ :

神殿の丘での祈り再開へ 2017.7.27

 2017-07-27
神殿の丘問題、すなわち、テロリスト3人が神殿の丘から武器を持って出てきてイスラエルの警察官二人を殺害し、イスラエルがその入り口に金属探知ゲートを設置したことで、大きな暴動になり、ヨルダンも巻き込んでの危機的事態になっていた件について。

木曜正午前、ヨルダンのワクフの発表に続いて、エルサレムのグランドムフティ(イスラム最高指導者)モハンマド・フセイン師が、イスラム教徒たちに、アル・アクサに入って祈りをしてもよいと発表した。

火曜にイスラエルが、金属探査ゲートを撤去したことに続いて、さらなるイスラム側の要求を聞き入れ、水曜夜、その付属設備も全部、撤去し、おおむね以前の状態に戻ったからとしている。イスラム側としては、イスラエルに要求を飲ませることができたということで、面目も立ったということである。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4995108,00.html

この後まもなく、パレスチナ自治政府のアッバス議長も、イスラム教徒らに対し、祈りはアル・アクサ(神殿の丘)で行うよう、指示した。ハマスが先であったが、パレスチナ自治政府も、イスラエル軍に対する大きな勝利だったと言っている。

http://www.timesofisrael.com/jerusalem-mufti-announces-return-to-prayers-in-al-aqsa/

このニュースは、明日の金曜を控え、新たな暴動が呼びかけられていた中での発表で、イスラエルとしても大きな安堵というところである。

しかし、まだ緊張が完全にとけたわけではないので、どのような中で、このムフティの神殿の丘に戻る呼びかけがなされたか知っておいていただければと思う。以下の通りである。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫