FC2ブログ

イスラエルの宇宙探査機「ベレシット(最初に:聖書の創世記)」 2019.3.16

 2019-03-16
2月22日、イスラエルは、アメリカのケープ・カナベラルから、初の宇宙探査機ベレシット(創世記)の打ち上げに成功した。アメリカ、ロシア、中国に続いて4番目となる。プロジェクトを実施しているのは、イスラエル航空局(IAI)。イスラエル空軍機の製造を行っているが、公的機関ではなく私立である。

ベレシットは、地球の周りを楕円形に回る軌道に乗った後、月の軌道に入って、4月11日、月面に着陸することになっている。もし成功すれば、イスラエル初であるだけでなく、世界で初めての私的機関による宇宙探査機となる。

イスラエルの宇宙探査機が月面に着陸する可能性が出てきたことについて、「月にまでイスラエルが入植する」といった記事もあったが、それを気にするイスラエルではない。

ベレシットは、一度楕円形の軌道に乗り損ねたが、様々な課題を克服して軌道に乗り、3月5日、地球から3万7000キロ上空で撮影した地球とツーショットのセルフィーを送信してきた。

写真には、小さな地球と、イスラエルの旗と、「イスラエル人は生きている。」というヘブライ語、「小さな国、大きな夢」と書かれた文字がともに写っている。

イスラエル建国の先駆者テオドール・ヘルツェルは、かつて、「そう願うなら、それはもう夢ではない(必ず実現する)」と言った。そうしてイスラエルという国、ユダヤ人の国という、当時は夢物語しかなかった夢が、ヘルツェルがそう言った50年後に実現した。

このため、「夢は大きいい方がいい」というのが、イスラエルの座右の銘であるが、今、まさに大きな夢が実現しそうである。イスラエル初の月面着陸。4月11日に乞うご期待!

https://www.jpost.com/Israel-News/Israeli-spacecraft-Beresheet-takes-first-selfie-in-space-582512

<石のひとりごと>

上記サイトには、ちょこまかと動き回ってベレシットを組み立てるチームの人々の姿が紹介されている。人間は、同じ人間であっても、ヒズボラや、ガザのハマスのように、ちょこまか動き回ってただ怒り、破壊することもできれば、何かとてつもなく壮大なものを創造することもできることに驚かされる。

どちらを選ぶのか、選択は我々に委ねられている。恨みにとらわれず、常に何かを生み出すこと、命を選ぶのが、創造主を神とするヘブル的価値観(聖書的)である。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

4/9 総選挙:新世論調査結果リクード強し 2019.2.10

 2019-02-10
4/9の総選挙を前に、様々なメディアなどが、世論調査を行っている。8日に行われた新しい世論調査によると、ベニー・ガンツ氏のイスラエルの回復党が、予想議席数を伸ばして23議席。しかし、リクードも強く、2議席増やして、回復党より9議席上の32議席となっている。9議席差があり、30議席以上あれば、政権はリクードにとどまる。

これに続くのは、ヤイル・ラピード氏の未来がある党の11議席。ナフタリ・ベネット氏の新右派党は8議席。左派で、最大野党の労働党は、18議席から転落してわずか7議席となった。これに続くのがユダヤ教政党シャスの6議席。

上位2党がどちらも予想議席数を伸ばしているため、新しい党、小さい党が、議席を失う結果になっている。とばっちりを受けたのは、モシェ・カフロン経財相のクラヌ党。2015年は大きく期待されて10議席だったが、今回は議席数0となった。

かつて、ネタニヤフ首相と首相の座を争うほどだったツィッピー・リブニ氏のハテウナ党も0。アラブ政党は2党が合併すれば12議席である。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/258791

<リクード党内選挙>

時期政権もおそらくリクードだが、そのリクートでは、5日、次の総選挙での選挙名簿を決める党内選挙を行った。選挙権のある党員は、11万9000人。全国142カ所で投票が行われた。投票率は58.4%であった。結果は以下の通り。

1位は、ネタニヤフ首相、2位は、国会議長でもあるユリ・エデルステイン氏。3位は、現在交通相のカッツ氏。4位には、現在公衆治安相のギラッド・エルダン氏。

5位に、4年間のブランクを経て政治に復帰したギドン・サル氏。ギドン・サル氏は、ネタニヤフ首相の最大のライバルと目される人物である。

6位には文化相のミリ・レゲブ氏。前エルサレム市長で、国政に転じて間もないニール・バルカット氏も10位以内に入った。

総選挙で、もし今の世論調査のままリクードが最高議席数を獲得した場合、ネタヌヤフ首相が続投ということになる。

そうなると、すでに通算12年、首相の座にいるネタニヤフ首相は、故ベン・グリオン首相の13年を超えて、イスラエル史上、最長の首相ということになる。

しかし、ネタニヤフ首相には審議中の汚職問題があり、マンデルビット司法長官が、総選挙の前に、起訴に踏み切る可能性がある。

そうなれば、リクードは、22議席にまで落ち込むとも予測されるが、2位のガンツ氏(イスラエル回復党)が、3位ラピード氏(未来がある党)とともに中道政党連盟のようなものを組まない限り、リクードを超えることはないとみられている。

https://www.i24news.tv/en/news/israel/politics/194665-190205-netanyahu-s-ruling-likud-party-kicks-off-primaries-amid-fierce-infighting

<リクードの強さ:人物でなく目標でなりたっている党>

この状況から、Yネットの評論家シュロモー・ピュテルコブスキー氏は、他党では、たとえば、ガンツ氏なしにイスラエル回復党は成り立たず、ラピード氏なしに未来がある党が成り立たないのに比べ、リクードは、たとえ、ネタニヤフ首相が失脚しても、まだまだ強力な役者が揃っているので、党自体がなくなることがないという点に注目する。

これは、リクードが、代表右派として、明確な目的目標に導かれて成り立っているということであり、一人の政治家だけが中心となって成り立っている党ではないということである。

また、リクードの党内選挙では、これまでのところ、現職リーダーを失脚させることはないという。しかし、だからといってその人物に盲目的に屈するということではない。

ネタニヤフ首相は、最大のライバルであるギドン・サル氏の復帰を妨害しようとしたとも言われているが、ギドン・サル氏はしっかり5位に復帰している。要するにリクードは、人物ではなく、党の目的によって存在しているということであり、ここにリクードの強さがあると評価ピュテルコブスキー氏は評価する。

総選挙でリクードが政権を取る前か、後か、いずれにしてもネタニヤフ首相が、近く起訴され、政界から姿を消す日はいずれ来るかもしれない。しかし、その場合でも、リクードは、すぐにふさわしい人物を前に出すことができるはずだとピュテルコブスキー氏は予測している。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5459817,00.html
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

国際ホロコースト記念日:エルサレムで杉原千畝氏に敬意のプレート 2019.2.2

 2019-02-02
2019.1.27  
1月27日は、アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所がソ連軍によって解放された日である。国連はこの日を、国際ホロコースト記念日と定めている。今年も国連はじめ、様々な地域で、記念式典で行われた。

イスラエル自身のホロコースト記念日は、独立記念日の前日で、今年は5月1日だが、1月27日には、エルサレムのヤドバシェムなどで、小さめの記念行事が行われた。

エルサレムには、ヤドバシェムが建設されるより前の建国直後の1949年に、シオンの丘に建てられた元祖・ホロコースト記念館(*Chamber of Holocaust Museum)がある。ここで、この日、特に日本人で義なる異邦人の外交官・杉原千畝氏の働きを記念するプレートが披露された。

杉原千畝氏は、1939年、リトアニアのカウナスに駐在していた際、ナチスの迫害を逃れて次々に押し寄せるユダヤ難民を前に、日本外務省の意向に反して、日本への通過ビザを大量に発行した。

当時の日本政府は、ナチスドイツと同盟関係にあったことから、杉原氏の決断は、国への裏切りだけでなく、自分と家族がナチスに狙われる可能性があった。しかし、その英断の結果、約6000人のユダヤ人が救われた。その人々から生まれ出た子供や孫たちの数は4万人にのぼるとみられる。

杉原氏のビザで一命をとりとめた父親を持つアブラム・シメリング氏によると、当時リトアニアのビルナにいたシメリング氏の一族で助かったのは、この父親だけだった。しかし、その父親から生まれた子供たち、孫たちは今や、計60人にのぼるという。

主催者の一人、シュロモー・グール氏は、杉原氏が、「ユダヤ人を助けることは政府には不従順になるが、助けなければ、神に反逆することになる」と判断したことを高く評価した。

また、この記念館館長、ラビ・イツハク・ゴールドステインは、杉原氏が、救出したユダヤ人の多くが、後にエルサレムのメア・シャリームでのユダヤ教の主流となるミール・イシバの学生たちであったことから、特に杉原氏の功績は大きいと語った。

このイベントの主催は主に旧ソ連関連のユダヤ人組織などで、出席者約30人も、旧ソ連からのホロコースト生存者、またその次世代の人々であった。日本からは在日本大使館の相星孝一大使が出席した。

式典では、ギター一本、ロシア語での弾き語りで、杉原千畝氏に送る歌、「サムライの道」が披露された。

https://www.youtube.com/watch?v=eQ-o_Co5tcw&start_radio=1&list=RDeQ-o_Co5tcw&t=16 (このイベントではないが同じ歌:始まるのはだいぶ後)

*Chamber of Holocaust シオンの丘にあるホロコースト記念館

ホロコースト記念館といえば、ヤドバシェムだが、ヤドバシェムが開設されたのは、1957年である。ホロコースト記念館の計画は、戦争がまだ終わらない1942年にはすでに始まり、1949年に、まずシオンの丘に記念館が建てられた。

当時、ユダヤ人が嘆きの壁に最も近づけた場所である。シオンの丘の記念館には、ホロコーストで、消滅させられた町々の名前を記した石板が2000枚以上展示されている。

また記念館内部には、主にマイダネク強制収容所から持ち込まれた、犠牲者の灰が埋葬され、文字どおり、墓場すらもてなかった人々のための墓場の役割を果たすことになった。

展示物の中には、人間の灰が入っていた多数の壺のほか、ナチスが作らせたトーラーの巻物で作ったジャケットや、バッグなどがある。また、血をいっぱい吸い込んだとみえる黒々したトーラーの巻物もあった。

この記念館の管理者の一人で歴史家のアーロン・セイデンさんによると、ヒトラーは、ユダヤ人を殺すことはトーラーを殺すことであると言っていたという。

墓場の役割を果たすだけあって、ヤドバシェムより、うすぐらく、よりホロコーストの恐怖を実感させる場所である。この場所に杉原千畝を記念するプレートが設置されたわけだが、主催者らは、日本人旅行者にもっとこの場所に来て欲しいと言っていた。

*ミール・イシバ https://vimeo.com/21125312

現在、エルサレムのメア・シャリーム地区にある世界最大のイシバ。世界各国からユダヤ人男女8000人以上が学びに来ている。1814年、ベラルーシのミールで設立された。

第一次世界大戦後にリトアニアへ移動。第二次世界大戦中、イスラエルへ拠点を移す計画が進んでいたが、ナチスの進出で頓挫。多くのラビや学生たちが、上海の日本占領下での強制収容所に流れ着いた。杉原千畝故大使のビザで日本を経由し、上海やアメリカへ渡った者も多い。

戦後、上海から逃れた者たちが、イスラエルに到着し、現在のミール・イシバを立ち上げた。この経過から、杉原千畝氏は、現在におけるリトアニア派の超正統派ユダヤ教に大いに貢献したといえる。

<石のひとりごと>

ヤドバシェムでは、杉原千畝の影はそれほど大きくない。おそらくヤドバシェムは欧米系ユダヤ人が主体となって設立されたからだろうか。今回、シオンの丘でのこの式典に出席し、ロシア系ユダヤ人にとって、杉原千畝の功績がいかに大きかったかを実感した。

海外に出たことのある人は皆、ビザ取得問題で苦労するのだが、当時のユダヤ人は、背後にナチスが迫っていたのであるから、ビザはまさに生きるか死ぬかの瀬戸際であった。日本大使館で、杉原大使からビザを出してもらえた人々の底なしの安堵を思わされる。

また杉原氏がビザを発行した期間は、1940年7-8月のわずか2ヶ月足らずの間であった。この期間に間に合わなかったリトアニアのユダヤ人、またポーランドから逃れてきていたユダヤ人たち、20万人近くは、ほぼ全員虐殺された。

まさに地獄に一瞬おろされた命綱であった。杉原氏のビザに救われた人々とその子孫たちの底なしの感謝も理解できるだろう。

極限に立たされた時に、自分よりも家族よりも、何よりも神を畏れる決断をすること。杉原千畝氏が、日本人としてはめずらしくロシア正教のクリスチャンで、命の創造主である全能の神を知っていたことを特記しておきたい。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

4月総選挙にむけて:ガンツ元参謀総長政界デビュー 2019.2.2

 2019-02-02
ベニー・ガンツ氏 出展:ハアレツ
ベニー・ガンツ氏 写真出展:ハアレツ

イスラエルでは、4月の総選挙を前に、政界がざわめいている。29日には、国民に幅広く人気のある元イスラエル軍参謀総長ベニー・ガンツ氏が、「ホセン・イスラエル(イスラエルの回復)」と名付けられた政党の党首として29日、初めて公の演説を行った。演説は熱狂的な反応の中で行われた。

ガンツ氏は、自分はイスラエルを誇りに思うと強調しながら、現在のイスラエルの政界は、右左で争っており、悪であり醜いと批判した。また、現在のリーダー(ネタニヤフ首相)の行動ふるまいも批判し、結束した政府の必要性を訴えた。

ガンツ氏の政界入りは今回、まったくの初めてであるため、右派からも左派からも受け入れられる器とみられていたが、演説の内容は、中道で、若干右寄りよりだったとTimes of Israelは伝えている。

ガンツ氏のホセン・イスラエル党は、選挙名簿の2番目が、やはり元参謀総長のモシェ・ヤアロン氏。さらに、ガンツ氏の前の参謀総長であったガビ・アシュケナジ氏にも参入を申し入れているとメディアは伝えている。

しかし、アシュケナジ氏は、「王になることを目指す人でなく、王国を確立することを目指す人と働きたい。」と述べ、今の所、返事はしていないとのこと。

最終的に、ガンツ氏は、首相のポストをめざすとし、自分は、4月9日(総選挙)、安定した政府を立ち上げると宣言した。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/258321

<チャンネル2の世論調査:現在の予想>

チャンネル2が行った世論調査によると、現時点は、リクード(ネタニヤフ首相)が30議席、ホセン・イスラエル(ベニー・ガンツ氏)が21議席、未来がある党(ラピード氏)が11議席、新右派党(ベネット氏とシャキード氏)が7議席、トーラー党が7議席となっている。

この中で、ガンツ氏は、すでにテレム党(4議席)と組むことを表明していることから、もしガンツ氏が主体となって、ラピード氏が組んだ場合、ネタニヤフ首相を打倒する可能性が出てくる。

しかし、ラピード氏は、自身も首相の座を目指しているため、ガンツ氏と共に走ることは今の所ないようである。

ネタニヤフ氏とガンツ氏、どちらが首相になってほしいかとの調査では、ネタニヤフ氏と答えた人は36%、ガンツ氏と答えた人は35%と接戦であった。

https://www.mako.co.il/news-israel-elections/elections_2019-q1_2019/Article-305597cd2cf9861004.htm?sCh=31750a2610f26110&pId=2100566639

https://www.timesofisrael.com/polls-shows-gantz-could-defeat-netanyahu-if-he-heads-joint-list-with-lapid/

この他、これまで大きな発言力を持っていたナフタリ・ベネット氏は、ユダヤの家党を離脱して新右派党を立ち上げたが、予想議席数は4位で7議席。前国防相で、イスラエル我が家党のリーバーマン氏の党は、4議席。経済関連で支持者も多いみんな党(カフロン氏)も4議席であった。

先月、相棒のツィッピー・リブニ氏を突然切り捨てた左派で、野党代表である労働党(ガバイ氏)は6議席との予想であった。

前の総選挙では、合併していたアラブ政党2つは、今回は別れてそれぞれ6議席との結果になっている。

<政界のガンツ氏初演説への反応>

熱狂的な群衆の前で、堂々と現政権を批判したガンツ氏に対しては、右派左派双方から手厳しい批判が相次いだ。「国会に座ったことがない者がおこがましい発言だ。」「ユダヤ教政党と手を組みながら、安息日にバスを走らせようとしている。イスラエルの政治をわかってない。」など。

リクード(ネタニヤフ首相)は、ガンツ氏について、右派からも左派からも受け入れられるとしたら(右派と強調しないということは)、実際は弱い左派だと評している。

https://twitter.com/Likud_Party/status/1090534461815570432

<石のひとりごと>

イスラエルの政治は本当に生き物ののようである。過去を見て予想することはまったく不可能で、予想外がどんどん出てくる。だからこそ、主のみこころが反映しやすいのかもしれない。政権がほぼ不動の日本の政治とは全然違うことを知っていただければと思う。

ガンツ氏が頭角を現しているが、世界一厳しい中東で海千山千、国内では生き物のようなイスラエルの政界で12年以上も首相をやってきたネタニヤフ首相の後を、政治経験0のガンツ氏が、そう簡単に継いでいけるのかどうか・・・少々不安でもある。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エルサレムで雪・・・一瞬 2019.1.17

 2019-01-17
16日、イスラエル北部から中央高地エルサレムにかけて、霧と強風を伴う冬の嵐が到来。夜になり、エルサレムでもわずかだが、一瞬、積雪が観測された。まもなく雨や雹になったが、朝起きて銀世界になっているかどうかが、楽しみでもある。

エルサレムでは16日、雪の予報から、大騒ぎで積雪除去の準備が行われ、学校は3時までに下校。ヤドバシェム(ホロコースト博物館)も予定より早く3時に閉館して職員を帰宅させていた。危険に備え・・というより、期待でいっぱいのエルサレムであった。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5448071,00.html

*阪神淡路大震災から24年

この記事をまとめている今、日本人時間の5:46を迎えた。1995年の本日、阪神淡路大震災で6434人が犠牲となってから早24年になる。時間の経過は本当に早いと実感させられるが、この震災で家族や大事な人を失った人々は、この日をどう迎えられているのだろうか・・・。

この震災以降、日本でも世界でも地震や津波、異常気象がだんだん過激になってきている。2019年、何が起こるのか、いくら知恵がついても、我々人類には予想もできないことである。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イスラエルの将軍交代:新イスラエル軍参謀総長就任 2019.1.17

 2019-01-17
14日、15日、テルアビブの軍本部で、イスラエル軍参謀総長の交代式が行われた。

まず14日、2015年2月から4年間、イスラエル軍参謀総長を務めたガビ・エイセンコット氏(58)が任期満了により退任。15日、これまでエイセンコット氏と共に副参謀総長を務めてきたアビ・コハビ氏(54)が、第22代イスラエル軍参謀総長に就任した。

就任式には、リブリン大統領、ネタニヤフ首相も出席し、前参謀総長、新参謀総長にそれぞれ祝福を述べた。イスラエル軍参謀総長の交代は、国としては一大行事なのである。

この後、エイセンコット前参謀総長と、コハビ新参謀総長はそろって、歴代指導者と戦死者の墓地であるヘルツェルの丘を訪問。続いて嘆きの壁に赴いた。

コハビ参謀総長は、これまでに命をささげてきた全ての兵士たちとこれまでの参謀総長に続き、全力をかけて祖国を守ると嘆きの壁の、前で誓いを述べた。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5447091,00.html

<アビ・コハビ新参謀総長はベジタリアン>

コハビ参謀総長は現在54歳。学歴は、ヘブライ大学で哲学に続いて、ハーバード大学(US)で公的管理、ジョン・ホプキンス大学(US)で国際関係と、2つのマスターの学位をもっている。

1982年に従軍。パラシュート部隊に志願した。その後、士官の訓練を受け、2000年の第二次インティファーダから2002年の防衛の盾作戦(ガザ)での戦闘で諜報部の指揮をとった。その後、北部戦線の総指揮官も務めた。2017年5月から、副参謀総長となり、昨年10月、国会で、次期参謀総長の承認を受けていた。

コハビ参謀総長は、西岸地区のテロリスト逮捕のために家屋へ次々と突入の際、兵士たちを射撃手から守るため、5キロのハンマーを使って(穴をあけるながら?)突入する作戦を考案したことで知られる。非常に頭脳明晰な人物。

https://www.timesofisrael.com/aviv-kochavi-set-to-take-over-as-idfs-22nd-chief-of-staff/

妻と3人の娘がいる。軍人にしてはめずらしくベジタリアン。しかも、牛乳も卵も食さない徹底したベジタリアンのベーガンだという。

最も知力体力を要するイスラエル軍参謀総長がベジタリアンでやっていける。。。のであれば、我々凡人に実は肉は不要なのであろうか・・・

https://www.jewishpress.com/news/israel/idf/meet-vegan-philosophy-major-aviv-kochavi-new-idf-chief-of-staff/2019/01/15/

<石のひとりごと>

建国70年の節目を迎えたイスラエルに新しい将軍が誕生した。聖書時代で言うなら、さしずめ王になる前のダビデであり、ダビデが王になってからのヨアブ将軍である。

日本では自衛隊総長がだれになろうが、関心を示す国民はほぼ皆無であろう。しかし、イスラエル軍の参謀総長は、国の存亡というだけでなく、即、自分や夫、息子、娘たちの命にもかかわってくる非常に重大な人物である。

就任式の様子は、生放送で報じられ、メディアはいっせいにコハビ氏の人となりを報じた。

イスラエルは常に周囲を敵に囲まれている国である。特に今は、北からも南からもいつ戦争になっても不思議はなく、アメリカがシリアから撤退し始めた今、イランの脅威はこれまでなかったほどに大きい。西岸地区の治安も非常に厳しくなってきている。

INSS(国家治安研究所)は、現時点でのコハビ参謀総長の任務の重さを10項目にあげて指摘する。特に、北での最初の戦争への準備をあげている。

4年間の任期を無事終えたエイセンコット氏と、その妻の晴れ晴れとした表情から、これからのコハビ氏の任務の重さを、緊張を持って実感させられた。

http://www.inss.org.il/publication/ten-leading-challenges-facing-new-chief-staff/?utm_source=activetrail&utm_medium=email&utm_campaign=INSS%20Insight%20No.%201130
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫