ISISの捕虜になった日本人:イスラエル国内の報道 2014.1.22

 2015-01-22
ISISが日本人捕虜2人の殺害予告をしたことについては、日本のテレビニュースを交えながらイスラエルでも報じられた。

後藤健二さんが、シリアへ出発前に、「非常に危険なところに行く。何が起こっても責任は私自身にあります。何が起こってもシリアの人々に責任を負わせないでください。」と語っているビデオも流されている。クリスチャン(日本基督教団田園調布教会所属)らしいコメントだ。 http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/190263#.VL_RVaW9DCs

世間からは若干変人扱いされている湯川さんを助けに行くと言っていたという点も、クリスチャンらしい発想と言える。

http://www.christiantoday.co.jp/articles/13401/20140530/goto-kenji.htm?utm_content=buffer92c44&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer (後藤さんの救いの証など:日本語)

後藤さんの妻には昨年11月ISISから、20億円の身代金要求のメールが入っていたという。身代金支払い期限の72時間が刻々と迫る中、政府は対策本部をヨルダンの日本大使館において、ISISとの交渉を試みている。安倍首相と政府が適切な対応をすることができるように。

主が、今、後藤さんに深く臨んでくださり、語り導いてくださるように。後藤さんが湯川さんとコンタクトがあるのかどうかは不明だが、湯川さんが救われるように。ご家族や所属教会を励まし、強めてくださるようにと祈る。
タグ :

安倍総理イスラエル訪問:日本・イスラエル・ビジネスフォーラムより 2015.1.20

 2015-01-20
安倍晋三総理がエジプト、ヨルダンを訪問し、18日からイスラエルを訪問。ネタニヤフ首相、リブリン大統領との会見し、中東の過激化を止めることへの協力を確認。日本・イスラエルのビジネス・セミナーで両国の友好関係を深める道作りを行っている。

19日には、ヤド・バシェムを訪問して献花。ネタニヤフ首相夫妻と安倍首相夫妻そろっての夕食会。明日20日は、ラマラのパレスチナ自治政府のアッバス議長を訪問し、日本が援助して来たエリコ周辺の視察を行う。

安倍首相訪問は、イスラエル国内では、ほとんどニュースになっていないが、エジプト支援に430億円、ヨルダンの難民支援、対テロ支援に120億円の円借款を約束ことは、イスラエル人らの注目を引いているようである。

<安倍首相とともに日本から280人のビジネスマン>

安倍首相の公式訪問の取材は、日本から来た外務省付きの記者らが取材を行っているので、大手新聞社でも現地記者が取材できるのは限られているという。

唯一、取材できたのが、18日にエルサレムで行われた、ネタニヤフ首相、安倍首相ともに出席する日本・イスラエル・ビジネス・フォーラム(JETRO/日本貿易振興機構主催)だった。

JETROスタッフによると、セミナーには、日本から来たビジネスマン280人(費用は税金ではなく自前だと強調)とイスラエル人ビジネスマン300人が登録。実際には500人程度の経済人がセミナーに参加したとみられる。

両国とも参加者は、社長やビジネスマンで、日本からは日本総理府関係者、外務省、大使館関係者も来るなど、ほとんど全員が黒などダークカラーのスーツ姿、会場も5つ星ホテルのウォルドルフ・アストリアホテルで、高級感ただようセミナーだった。

セミナーでは、ネタニヤフ首相と安倍首相が冒頭で挨拶を行い、両国が、国をあげてビジネス・パートナーであることをアピールした。

ネタニヤフ首相は、今後数年間、日本とのパートナーシップ強化のために特別予算を計上していることを明らかにした。方策の一つは現在東京にあるイスラエルの貿易事務所を大阪にも設置する。

ネタニヤフ首相は、「イスラエルとの連携を決めた日本政府の決断は両国にとってよい決断である」と語った。

一方、安倍首相は、「両国は共に資源がなく、イノベーション(技術革新)が重要だ。イスラエルは、毎年新しい技術でスタートアップ国と言われる。イスラエルとの協力は不可欠だ。」と語った。

今回は特に、両首脳が見守る中、ICT(情報通信技術)分野での研究協力に向けた署名式が行われた。日本はサイバーセキュリティが弱く、情報は筒抜けと指摘されるところだが、今後、サイバーセキュリティでは世界一とされるイスラエルとの共同研究をすすめる。

その後、日本から来た日本企業で、イスラエルへの進出をもくろむ会社社長がそれぞれの社のプレゼンテーションを行った。

1)食品系

チョーヤ梅酒(株)の金銅重弘社長は、「梅酒の梅はプラムではない。日本にしかないアプリコットの類いだ。」 とこだわりを披露。梅酒がイスラエルの常識になってほしいと語った。なぜイスラエルなのかを聞くと、社長は、「イスラエルにはお金のある人が多いから。」と答えた。

チョーヤは、毎年一回、ラビを招致してコシェルの認定を受けた梅酒を、イスラエルの空港内で販売している。今回の会場でも梅酒をふるまっていた。今後さらにイスラエル国内に市場をひろげたいと語る。

チョーヤと並んで、ジャパンウィークでも単独で出店していた福岡県ブランドの日本酒「梵」が今回も酒を振る舞っていた。

次にキッコーマンの染谷光男社長。イスラエルでは寿司が相当な人気でもあることから、キッコーマンの醤油は、すでにイスラエルのスーパーでも普通に買えるようになっている。しかし、 500CCの醤油が、30シェケル近くする(約1000円)。

キッコーマンは、特にすぐれたコシェルであるウルトラ・コシェルの認定をとっている。キッコーマンでは、醤油文化をイスラエルにさらに浸透させるため、3年まえから毎年、すしのコンテストを行っている。

2)投資系

伊藤忠の投資系会社の安達俊久社長が、イスラエルのベンチャー企業への投資への意欲を語った。

「イスラエル人は、失敗を恐れない。また失敗してもやり直せる環境がある。”奇人変人”を受け入れるイスラエルには、0から全く新しい発想が出て来る」と評価(?)。日本はその点には弱いが、それを何倍にも拡散することができるとアピールした。

変わりどころでは、若手投資企業のサムライ・インキュベーター(テルアビブ本社)を経営する榊原健太郎氏。まだ若いがこれまでにイスラエルのベンチャー企業十数社に投資し、利益を上げている。日本企業の誘致活動も行う。http://www.samurai-incubate.asia/?lc=jp

最近では、テルアビブでトヨタとともにハッカソンを開催するなど、数多くのイベントをイスラエル国内で開催し、投資する企業をさがす。毎週木曜、テルアビブでサムライナイトを無料で開催し、イスラエルと日本を結ぶ働きをしている。

榊原氏は、若手らしい元気なプレゼンを行い、2015年には30社に投資するとの目標を語り、イスラエル人らから歓声があがった。なお、テルアビブには、もう一つ若手の岡田一成氏が経営するジャパンイノベーションセンターがある。

3)サイバーセキュリティ系

ザインエレクトロニクス(株)の飯塚哲哉社長が、イスラエルからはウイルスに感染した情報が非常に少ないと評価した。この他、情報通信研究機構(NICT)の坂内正雄もプレゼンテーションを行った。

この他、参加していた企業は、IBM, 三井物産、富士フイルム、三菱商事、パナソニック、みずほ銀行、前川製作所、欧州三井住友銀行など多数。

セミナーは2時間ぐらいだったが、ネタニヤフ首相と安倍首相に出番が終わるやいなや、報道陣はほとんど全員退散。チョーヤやキッコーマン社長らが、プレゼンテーションを行う中、最後まで残ったビジネスマンは3分の1程度だった。

会場右側日本人席、左側イスラエル人席だったのだが、閉会後、案の定、右側は整然としてごみもまったく落ちていないのに、左側は、プログラムやらなにやらが散らばり、むちゃくちゃになっていた。

セミナー後は立食ビュッフェ。ローストビーフや、新鮮なサーモンなど、高級料理がならんでいて、JETROの人にどうぞと言われるまま、思わぬお相伴にあずかってしまった。

<石のひとりごと>

今回、エジプトやヨルダンで相当な額の円借款を決めた日本。額が大きいので、イスラエル人らから、「Interesting」と言われた。いつもは非常に陰のうすい日本が若干、注目を得たようである。

しかし、表立ってイスラエルと手を結び、首相が、西側の対テロ政策に同調する発言をするなど、今後、日本も世界テロから無縁ではなくなってくるかもしれないと、私たち国民も覚悟を決めておいた方がいいだろう。

イスラエル側に立っているカナダの外相は、安倍首相とほぼ同時に来たが、パレスチナ自治区を訪問した際、卵や靴をなげつけられ、「カナダは歓迎しない」とのデモに遭遇している。

日本はパレスチナ人には相当支援を行っているので、安倍首相が靴を投げられることはないと思うが、そうした中東の本質は、アメリカですらよく理解できていないと言われる。日本の外務省がよく理解した上で、中東という火の中に手を突っ込んでいただきたいと思うところである。

安倍首相を直接拝見するのは初めてだったが、背たけや雰囲気などは、テレビで見るのと全く同じ安倍首相だった。中国人とも韓国人とも違う、「日本」のにおいがしてきそうな人物だった。
タグ :

イスラエルに注目し始めた日本 2014.10.21

 2014-10-21
今年4月、ネタニヤフ首相が日本を訪問。7月には茂木経産省がイスラエルを訪問して、政府レベルでの産業開発で協力関係を締結するなど、日本は政府をあげてイスラエルとの関係を強化しはじめている。

その背景には、第二のシリコン・バレー、またはシリコン・ワジ(ヘブライ語で谷)と言われるイスラエルのIT技術がある。

イスラエルは、小国ながら、アメリカに次ぐ世界第二位のIT関連スタートアップ(起業)国。私たちが日常使っているPCの中には、実はイスラエル発信の技術が満載されている。

イスラエル人が開発し、その技術を元に立ち上げた会社を、NECなど大手会社が、何百万ドルというような大金で買い上げ、PCの中に組み込んでいるという仕組みだ。今、日本が、今最も注目しているのが、イスラエルのサイバー・セキュリティ技術である。

<トヨタがテルアビブで、日系企業初のハッカソン開催>

テルアビブでは、今週、トヨタが、日系企業では初めて、イスラエルでのハッカソンを開催する。ハッカソンとは、様々なソフトウエア技術関係者が数日間集まって、技術を競ってアイディアを出し合うという催し。いわばIT技術のブレーンストーミングのようなもの。

今回のトヨタのハッカソンでは、自動車関連の技術をイスラエルの起業家たちに競い合ってもらい、優れた技術をトヨタや、他の日系企業が買い上げる。現在、山口壮外務副大臣はじめ、日系企業の代表団もイスラエルを訪問している。

今回のハッカソンは、「世界の常識「イスラエル」をもっと皆様の近くに」とする日本の若手企業Japan Innovation Center(イスラエル在住CEO岡田一也さん )、サムライ・インキュベーターと呼ばれる日系スタートアップ系企業がバックアップしている。

*サイト参照/必見!:Japan Innovation Center(日本語) http://japaninnovationcenter.com

          サムライ・インキュベーター(英語) http://www.samurai-incubate.asia 

日系企業でハッカソンをイスラエルで開催するのはトヨタが初となるが、イスラエル側は、他の会社もこれに続くと予測している。

イスラエルと日本企業を結ぶJapan Knowredgeを長年経営しているイスラエル人ビジネス・ウーマンのベレッド・ファルベルさんによると、日本は、これまでアラブ諸国の機嫌を損ねる事を恐れ、イスラエルとのビジネスには常に消極的だった。

しかし、今、その流れが急速に変わり始めているという。日本人でこの波に乗れる働き人が足りないと”うれしい”悲鳴をあげている。

<エルサレムでジャパン・ウィーク(外務省)・ヘブニーズ(石井マレさん)も出演>

エルサレムでは、19日から25日まで、ジャパンウィークが開催されている。主催は、エルサレム市と日本外務省の協賛。

昨日のオープニングでは、イスラエルからは、エルサレムのバルカット市長、ギドン・サル内務相、日本からは、山口壮副外務大臣、松富重夫駐イスラエル大使夫妻が出席。多くの日系企業関係者が招かれていた。

ギドン・サル内務相のヘブライ語のスピーチでは、元駐日大使のエリ・コーヘン氏が袴姿でヘブル語から日本語へ通訳。相当なしっちゃかめっちゃか通訳だった。本人も「むちゃくちゃですみませんと」と言われていたが、日本人(しかもヘブライ語がわかる)以外にはだれにもわからないので、まったく問題なし。

元敏腕ビジネスマンのバルカット市長は、これまでに何度も日本に言った事があるという。日本とイスラエルの文化は本当に違うと語り,
互いの文化交流への期待を語った。

またイスラエル人には根強い人気の日本文化イベントを行うことで、エルサレムにイスラエル人観光客が来るというの彼の狙いも語った。イスラエル側は、そろって、これを機に、次は日本でイスラエル・ウィークを開催してほしいと要請していた。

その後、両国の関係祝福を祝って、樽酒の鏡開きが行われた。しかし、さすがイスラエル人。ハンマーをそれぞれがさっさと振り下ろしてしまい、音頭取りが慌てる場面も。

ちなみに、イベントの雰囲気だが、しっとり静かな伝統的日本文化ではなく、日本文化の要素を含む近代的日本文化。バイオリンとお琴、パーカッションで、現代風のアレンジをしたテンポの早い曲が披露され、小錦が出演してウクレレ演奏。

また、”外務省推薦”で、アメリカなどでも人気を得ている日本風バンドのヘブニーズ(石井マレ牧師・別のバンド名は天国民)が出演している。http://heavenese.jp/live/2014jerusalem/index.html

この他、会場周囲では、茶道のデモンストレーションや、浴衣や着物販売などがある。食事(立食式)はもちろん日本人職人による寿司。

*ヘブニーズについて 

今回、遅ればせながら、石井マレさん率いるヘブニーズの存在を始めて知ることとなった。バンドのレベルはかなり高く、3回のアメリカツアーでも成功をおさめている。アメリカでは、日本のクリスチャングループとして知られる。

アメリカでは学校などを訪れ、演奏活動とともに、「和」の心を解く。イスラエルでも、学校訪問が予定されている。イスラエルは紛争の地だとして、さらに「紛争国に和を」とメッセージに力が入っている。http://heavenese.jp/live/2014jerusalem/support.html

日本では全国の神社境内などでも、コンサートを開催。その中で、賛美やメッセージも語っているという。しかし、イスラエルで配られたちらし(HPにも)には、厳島神社の写真があしらわれており、度肝を抜かれた。

石井さんは、パワフルな聖霊派牧師・伝道者だが、神社、神道は、聖書、ユダヤの神から来た、ルーツは同じだという説を取り入れており、ステージに、神社関係の要素ももりこんでいる。福音は欧米だけのものではないと主張する。アメリカのクリスチャンはそれを聞いて拍手する場面も。 https://www.youtube.com/watch?v=-QPtwUTsW9Q#t=390

*この説については、日本の教会では賛否両論あり、論議になっていることに注意。 

—参照:ヘブニーズHP http://www.heavenese.jp/media.html 
(日本文化風賛美!?Praise the Lordの他、日本の太鼓を集団でたたきながらハレルヤ!と叫ぶなど)

<海外進出に力を入れる安倍政権>

安倍首相は、自らも外遊を積極的に行い、海外支援にも力を入れている。

アメリカの要請を受けて、エボラ熱封じ込めのために日本人医療従事者を、現地派遣しているほか、先頃、憲法9条の解釈改正を成立したことを受けて、自衛隊をドイツにあるアメリカ軍のエボラ熱対策部に派遣する予定である。

西アフリカ現地へ自衛隊を派遣することも検討中。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000076-san-pol

*エボラ熱については、WHOが、「今年末までの60日が勝負だ。負ければ人類が敗北する。」と警告したことを受けて、オバマ大統領が、本格的な協力活動を世界に呼びかけた。これを受けて世界各国が本格的に動き始めている。

<石のひとりごと>

日本は、アメリカとの関係強化、イスラエル接近と、徐々に旗印を明確にしはじめている。これは喜ばしいことであると同時に、ふさわしい人材育成が急務であること、また今後、テロなど海外の様々な課題と日本が無関係ではなくなっているということを覚悟する必要があるということである。
タグ :

エルサレムのカンファレンスに日本人クリスチャン70人参加 2014.10.4

 2014-10-04
緊迫する世界情勢の中、9月末から All Nations Covocation Jerusalem(代表:トム・ヘス牧師)が始まっている。今年は、170カ国、約2000人がエルサレムに集まり、10月8日までの2週間、世界のための祈りを捧げている。

<激動の中東クリスチャン>

さすがにシリア国内からの参加はないが、海外在住のシリア人、イラク人、クルド人とトルコ人も参加し、それぞれの国の現状をレポートした。

トルコ人牧師は、祖国は敵視するクルド人のために祈り、クルド人たちを祝福した。また、これらアラブ諸国のクリスチャンたちが、祖国のイスラエルへの敵視を謝罪し、国を代表してイスラエルを祝福すると宣言した。

この他、ヨルダン、エジプト、イラン、ガザ地区、テロの巣窟になっている北アフリカ諸国、チュニジアやアルジェリアの代表からもクリスチャンもイスラエルを祝福する祈りを捧げた。

イラン人で元ヒズボラだったアフシン・ジャビード牧師(現在カナダ・バンクーバーで牧会)に話を聞いた。彼自身の家族全員を含め、100万人のイラン人が救われているという。これは、クロス王がかつてイスラエル人を約束の地へ帰還させたことへの報いだと思うと語った。

今回アフシンさんは、イラン人ビリーバーから、イスラエルへの多くの金銀の贈り物を持参している。イラン人たちが、祖国がイスラエルを憎み、攻撃してきたことの謝罪を、イスラエル人たちに伝えてほしいとたくしたものである。

イスラエルには1週間滞在し、トルコ南部、シリアとの国境に向かい、イスラム国から逃げて来た難民たちの支援にあたるという。
アフシン牧師は、日本では新宿シャロームチャーチに招かれたことがある。

https://www.youtube.com/watch?v=FTBegJm2ROg アフシンさんの証(日本語・20分)

<世界の祝福!日本人グループ>

こうした世界的なクリスチャンのカンファレンスに参加する日本人は、これまで非常に少なかった。しかし、今回、新宿シャロームチャーチが、今年1月からエルサレム祈りの家(トム・ヘス師)に林かよさんを先行派遣。富田真吾牧師の呼びかけで、全国から若手70人が参加した。全行程の参加者数は、韓国の60人を超えた。

また今回の日本勢には、幼児から小学校低学年の小さな子供たちが30人ほどが参加していた。ある家族は7人の子供を全員、連れて来たため、費用は200万円ほどになったという。しかし、不思議に必要は満たされた。日本人の参加だけでなく、これだけのちびっ子たちが集まったのもこのカンファレンス始まって以来のことだった。

さらに、アジアに焦点が当てられた日には、長沢崇史牧師(カナンプレイズチャーチ)とそのバンドが全体賛美を導き、証は、小森康三宣教師(高砂教会)で、会場は主の臨在に満たされた。ちびっ子たちも浴衣を着て賛美と踊りを披露した。角笛を吹く子もいた。

富田真吾牧師は、主要な集会で数回メッセージを語った。このカンファレンスは今年20周年。その記念すべき機会に、日本人クリスチャンが世界の大きな祝福になることができた。

富田真吾牧師は、今回、世界を代表する牧師たちと肩を並べて国会訪問にも参加。「日本の時が来ている。来年は200-300人を連れてきたい。」と語っている。
タグ :

イスラエルと日本が産業開発で協力へ 2014.7.8

 2014-07-08
こんな時ではあるが・・・日本の茂木経産相が、7日、エルサレムでネタニヤフ首相、ベネット経財担当相に面会。イスラエルの進んだサイバーセキュリティなどの技術や、エネルギー部門で共同開発を進める覚え書きに署名した。

日本政府がこうした覚え書きに署名した国はイスラエルが初めてである。茂木経産相は、日本のトップレベルビジネス関係者らを同伴しており、両国の貿易拡大が期待されている。

<杉原千畝氏に助けられたユダヤ人が日本訪問>

元リトアニアの日本大使だった杉原千畝氏の発給したビザにより、命を助けられたユダヤ人、レオ・マラメッドさん(82)が、7日、日本に到着した。

レオさんは、1940年、杉原氏の発給したビザで家族とともにロシアを横断。日本の敦賀にたどり着いた。その翌年アメリカに移住している。レオさんはこの後安倍首相に面会、敦賀を訪問して、杉原氏に敬意を表する事になっている。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫