シリア・イラクのISIS撃滅へ王手!? 2016.10.19

 2016-10-19
日本でも報道されているように、16日より、シリア・イラクにおける対ISIS戦に動きが出ている。

16日、ISISの対欧米戦の象徴でもある町ダビック(ISISの機関紙の名前でもある)を、シリア反政府勢力がトルコの支援を受けて奪回に成功した。

続いて17日早朝からは、イラク軍を筆頭に様々な勢力が、一斉にISISの経済的要所、イラク第二の都市、モスル奪回への総攻撃を始めている。

今回、シリア・イラクのISISへの総攻撃が今になって始まった背景には、アメリカの大統領選挙が近づいていることと関係があるとBBCは解説する。

今のオバマ政権の方針のもとで、目標を達してしまわないと、時期大統領がまた別の方針を出してくるかもしれないからである。(来年1月の完全交代までは、基本的にオバマ大統領の方針が続く)

確かにシリア・イラクのISISは撃滅へと向かうかもしれない。しかし、この戦闘が、イラクに平和をもたらすとも考えにくく、相当な人道的被害も予測され、中東がさらなる混乱に進んで行く可能性が懸念されている。

<シリア:ダビック奪回>

ダビックは、トルコ国境から10キロに位置するシリア領内の町である。この町はイスラムにとって宗教的な意義を持つ町である。

中世7世紀、イスラムの預言者モハンマドが、当時、ビザンチン帝国(東ローマ帝国)との戦いにおいて、コンスタンティノープル(イスタンブール)制覇を目指す中、「ダビックか、アル・アマックでローマ(キリスト教勢力)を撃退するまでは、世の終わりは来ない。」と言ったと信じられているのである。

そのため、ダビックは宗教的にも重要な街で、ISの機関紙の名前にもなっていた。アメリカ人人質の斬首をダビックで行い、「アメリカ人十字軍を処刑した。」と宣言していた。ダビックの名前を出すことで、戦士たちの士気を高める効果があったとみられる。

しかし、ここ数ヶ月、トルコが本格的に介入し、トルコとの国境に近いISIS支配域の奪回を進める中、今回、ダビックの奪回にも至ったということである。ダビックを失ったことはISISにとっては象徴的な意味合いもあった。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-30083303

<イラク:モスルへの総攻撃>

ダビックを反政府勢力とトルコ軍が奪回した翌17日、イラク政府が、様々な勢力が、長い準備を経て、いよいよモスルへの総攻撃を開始すると発表した。

2014年6月、イラク政府軍は、アメリカの軍事支援や訓練を受けてモスルを守っていた。しかし、いざ、ISが来ると、アメリカにもらった武器をおきざりにして逃亡し、やすやすとモスルをISISに明け渡してしまったという経過がある。以来、モスルは、ISISに支配されてきた。今回をそれを奪回するということでもある。

兵力は、イラク政府軍にクルド人勢力ペシャメルガはじめ、様々な組織も加わり、全勢力あわせて、3万人にのぼる。これまでの攻撃では最大級である。

総攻撃開始から2日目に入る18日、イラク軍はすでに周辺の10つの村を制覇し、予定以上のスピードでモスルに向かっていると伝えられている。18日現在で、モスル中心まで40キロだった。

しかし、問題は、モスル総攻撃を行っているのがイラク軍だけではないという点だ。イラク軍(シーア派)の他に、クルド人勢力ペシャメルガ、シーア派勢力、スンニ派勢力がそれぞれが、一斉にモスルに迫っている。

イラク軍とクルド人勢力は、基本的には対立している。また、モスルの住民のほとんどはスンニ派なので、スンニ派への暴力もあるシーア派の武装組織が入ってくることに懸念もある。

仮にISISを撃退したとしても、その後に、シーア派主流の現イラク政府にこれらをまとめあげる力はない。

今はとりあえず、モスルをISISから解放すること、それだけが目標だが、ではその後平和になるのかといえば、その希望はかなりうすいといえる。

<戦闘による深刻な人道被害への懸念>

モスルをめぐる戦闘は、すぐには終わらず、数ヶ月かかるとみられている。モスルは、アル・バグダディが、自らカリフを名乗り、イスラム国を立ち上げた場所であり、ISが世界的な脅威として認識されるきっかけになった都市である。

油田や銀行があり、ISの主要な収入源、経済的な中心地でもある。ISとしても死守してくることは必須。モスルには現在、最大5000人のIS戦闘員がいると推測され、自爆テロの他、化学兵器を使ってくる可能性が高い。

モスルは、人口150万の大都市である。BBCによると、戦闘が始まれば、その時まで残留している70万人が、戦闘に巻き込まれると推測されている。ISが、市民を人間の盾に使ってくることも十分ありうる。

国連は、多数の住民が難民になるとみこして、すでにモスル郊外に20万人分のキャンプを準備しているという。モスル在住のイラク市民で、すでに脱出を始めている家族もいる。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37699233

<ISIS撃滅のあとはどうなる?:シーア派VSスンニ派>

シリア、イラクからISISが撃滅することはアメリカと有志軍の目標でもあったことだが、では果たしてそれを達成した後、どうなるのかについては、明確な計画が見えていない。

まずは、今モスルにいるIS戦闘員の一部が逃れて他地域、特にトルコやヨーロッパで、テロを活発化させることが懸念される。

また、中東でのシーア派とスンニ派の対立に拍車をかける恐れがある。

現在、イエメンでは、サウジアラビアが支援するスンニ派のイエメン政府軍と、イランが支援するシーア派の反政府勢力、フーシ派がイエメンで戦闘状態にある。

先週、サウジアラビア軍が、葬儀に集まっていたシーア派の人々に向かって誤爆してしまい、140人が死亡した。これを受けて、サウジアラビアとイランの間の緊張が、これまでになく高まっている。

イエメンには、イランの指示でヒズボラが介入している。Yネットは、イランが、ちょうどレバノンのようにヒズボラを通じて、イエメンをその影響下にいれようとしていると解説する。

もしモスルからISが追放されたあと、スンニ派とシーア派の対立が、イラクにまで拡大していった場合、イラクにもイランが進出してくる可能性もある。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4867379,00.html

いずれにしても、中東では、予想外、想定外のことばかりがおこる。こうした専門家の予想や懸念が現実のものにならないよう祈る時だろう。
タグ :

アレッポでロシアが一時爆撃停止 2016.10.19

 2016-10-19
シリア政府軍とロシア軍からの激しい空爆を受けているシリアのアレッポ。こちらはISISがではなく、シリアの反政府勢力がターゲットになっている。ISISとは別問題である。

この攻撃では、市民も無差別に殺戮されていることから、アメリカ、イギリスを中心とする欧米陣営は、ロシアの行為は、戦犯にあたる可能性があるとして、激しく非難している。深い人道的な懸念から、アメリカはロシアとのシリアでの協力を一旦、保留にし、両者は決裂するに至った。

しかし、それでは何の解決にもならないため、ケリー米国務長官とラブロフ外相が、土曜にはスイスで、翌日にはロンドンで、会談を行った。言うまでもないが、なんの成果もあがらなかった。

ロンドンでの会談の後、アメリカとイギリスは、ロシアに対するあらたな経済封鎖を行う方針を発表した。しかし、この後に及んでは、経済制裁を強化したぐらいでは、なんの効果も期待できないといわざるをえない。

http://www.bbc.com/news/uk-politics-37670528

一方、ロシアは、シリアに最新式の対空ミサイルを配備し、国民に戦いに備えるようにといったメッセージを発している。これは明らかに欧米に対する対立姿勢を示したものである。

もちろん、本気で欧米が軍事攻撃することがないこと、ロシアもまた欧米と戦う気はないのだが、中東で今最も力をもつのはロシアであるという事実をみせつけているということである。

<アレッポで前倒し一時爆撃停止>

こうした中、ロシアは、20日木曜日に、アレッポでの8時間の爆撃停止時間を設けると発表。この間に、負傷者や住民、また反政府勢力のうちのアル・シャム(元アル・ヌスラ)はアレッポから出るよう、訴えている。

ロシアのねらいは、穏健派と過激派が混じっているところ、穏健派だけにして、シリア政府との交渉、和解へともちこむことである。これにより、アレッポ、またシリアでの内戦を停戦へと導き、アサド政権を温存するということである。

http://www.nytimes.com/2016/10/19/world/middleeast/syria-russia-aleppo.html

アル・シャムは、最近、アルカイダと決別し、過激派から穏健派へと鞍替えしたと言われている。アル・シャムが加わった穏健派は、以前より強くなり、アサド政権打倒へと力を動き始めていた。ロシアとは反対にアサド政権は打倒するしかないと考えているアメリカは、アル・シャムの動きを黙認するようになっていた。

このため、先のアメリカとロシアのシリア停戦に向けた交渉において、アル・シャムを穏健派として数えるアメリカと、過激派と考えるロシアの間の不一致が浮上し、米ロの決裂につながったのであった。

今、この一時爆撃停止でロシアは、アメリカの同意なしに、アル・シャム勢力(900人程度)にアレッポを去るよう要求し、穏健派からこれを排除しようとしているのである。これについて、今のところ、アメリカからのコメントはない。

こうした中、ロシアは、突然、18日に前倒しで爆撃を停止した。8時間の爆撃停止では時間が足りないと国際社会が叫んだことに対する”好意”だと言っている。その上で、上記のように、住民とアル・シャムにアレッポからの脱出を要求している。

しかし、実際には先月、人道支援目的の爆撃停止期間に、ロシアが人道支援の輸送隊を空爆した経過もあり、アレッポにいる反政府勢力の間には、「ロシアを信用できない。」という空気が広がっているという。

https://www.rt.com/news/363108-aleppo-syria-un-churkin-nusra/

これについて、アメリカからのコメントはないが、もしロシアの思う壺になれば、アメリカは完全に中東での面目を失う形になる。こうしたことをアメリカ大統領総選挙の数週間前に実施するというのも、プーチン大統領の計算だろうか?

いずれにしても、アレッポでは、先週、激しい爆撃で、同じ家族の中で14人が死亡するなど、虐殺が続いた。イスラエルではチーフラビが「ミニ・ホロコースト」だと評するまでの状態になっていることは知っておかなければならない。

まさに地獄をはうようにして生き延び、終末時代の先を行くアレッポの人々の上に主のあわれみがあるよう、祈るほかない。
タグ :

アレッポは小さいホロコースト:チーフラビ 2016.10.15

 2016-10-15
シリアのアレッポで、ロシアとシリア軍が、激しい無差別攻撃を続けており、今も多数の犠牲者が出ていることは報じられている通りである。

これについて、スファラディのチーフラビ、ラビ・ヨセフは、この状態について、「私たちが座っているこの場所から、さほど遠くないシリア、特にアレッポで、毎日女性や子供たちが殺されている。

何百万人もの人が難民となり、包囲されている数十万人は、飢えている。彼らは私たちの友人ではないが、小さなホロコーストに苦しむ同じ人間だ。」と語った。

ホロコーストでユダヤ人が虐殺されているのを知りながら、世界は何もしなかったという悲しみを通ってきたユダヤ人は、特にこの状況に黙っていてはならないと訴えた。

スファラディ系のユダヤ人は、ナチスによるホロコーストを直接経験していないため、ホロコーストに関しては若干、蚊帳の外的に感じるというが、このコメントがスファラディ系のチーフラビから出たことは興味深いことである。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/218996

<アメリカとロシアがシリア情勢に関する対話を再開へ>

ロシアがアレッポを無差別に攻撃していることについて、戦犯にあたる可能性があるとして、アメリカがロシアとの対話をいったん保留にすると発表したが、両者は15日土曜、対話を再開するみこみとなっている。

<シナイ半島のISIS?:エジプト軍兵士12人を殺害>

シリアで、勢力を失いつつあるISISだが、イスラエル南部と国境を接するシナイ半島では、まだ活発に活動しており、エジプト軍と衝突している。

金曜、スエズ運河から東へ80キロの検問所を、イスラム武装集団が襲撃。エジプト軍兵士12人が死亡した。犯行に及んだ15人はその場で射殺された。

犯行声明は出ておらず、犯行グループを特定することはできていないが、ISIS関連のイスラム組織であるとみられている。

イスラエルのすぐ周りの諸国では、混乱を増しつつあるようである。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4866546,00.html
タグ :

シリア・アレッポで空襲続く 2016.9.25

 2016-09-25
アメリカとロシアが提案したシリア停戦案が、先週月曜以来、頓挫した形となっているが、シリア最大の都市アレッポでは、シリア政府軍とロシア軍による地上への激しい空爆が続いている。

空爆先は反政府勢力だが、犠牲になるのはすでに瀕死状態の市民たちだ。現地医療スタッフよると、金曜には91人、土曜には25人が死亡と伝えられている。

いまだかつてないレベルの空襲で、BBCは、すでにがれきとなった街に、家3件分を飲み込んだ大きなクレーターができている様子を伝えている。

灰色の砂状になったがれきの中から、乳児とみえる男児が、頭から全身灰色になって掘り出されている。奇跡的にも男児は生きていた。病院では、この2日で、医療スタッフ6人が死亡してしまい、続く空襲でさらなるけが人でごった返している。

国連によると、土曜には、空爆で水道施設が破壊され、東アレッポの住民少なくとも200万人が水へのアクセスを失った。今後市民らが汚染水を使うことを余儀なくされ、伝染病の危険もでてくるとみられる。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37460849

ロシアとアメリカが提案した案は、いわば最終手段だった。それが頓挫した今、いったいだれがこれを止められるというのか。ロシアのラブロフ外相は、この案を投げ出してはならないと警告する。

その上で、「アメリカが、反政府勢力を過激派とそうでない組織に分離できないでいることが原因だ。」としてアメリカを非難する声明をだしている。

アメリカとロシアが、互いに非難しあっている姿をみて、笑うのはISISだとハアレツ紙(イスラエル・メディア)。

*アレッポ

アレッポはシリア最大の都市(首都はダマスカス)だったが、内戦になってからは、シリア政府軍と反政府軍が戦う激戦地となった。

現在、アレッポの西側は反政府勢力、東側はシリア政府勢力が陣取る。さらにその背後・東側には、ISISがいる。一部東アレッポに反政府勢力の地域が包囲される形で残されている。

アレッポでは、停戦が成功したことがなく、したがって、人道支援が届けられたことは一度もない。

アレッポ

<シリアの言い分>

アレッポでシリアとロシアが激しい攻撃を行っているのと並行し、ニューヨークでは国連総会が行なわれている。上記のような状況の中、シリアのモアレム外相が、シリアを代表して一般演説を行った。

モアレム外相は、”穏健派反政府勢力”がシリア市民を虐殺していると非難した。シリア政府は、それらのテロ組織と戦っているのに、アメリカがそれらを支援しているので、内戦が終わらないとアメリカを激しく非難した。

また、トルコが介入したこと、サウジアラビアとカタールが、シリア国内にテロを拡散しているとして非難した。

一方で、モアレム外相は、ロシアとイラン、レバノンのヒズボラは、シリア政府とともに戦っていると証言した。

モアレム外相は、シリアは、国連主導(ジュネーブ)での政治的解決を望むが、次の2点が条件だと語った。①シリア内部のテロ組織(この定義が問題)の撲滅、②外国の影響力なしでシリア人だけでの対話を行い、シリア人自身が国の将来を決める。

モアレム外相は、政府側、反政府側双方を含むシリアの統一政府を設立し、憲法を立憲することを提案している。つまり、アサド大統領の退任はないということで、反政府勢力のシリア人たちがこれを受け入れることはありえない。

http://www.haaretz.com/middle-east-news/1.744056

<シリア内戦は今どうなっているのか?>

シリアの内戦は、もともと恐怖政府で国を治めてきたアサド政権に対して、シリア人の反政府勢力が立ち上がってはじまったものである。

しかし、シリア軍を完全に手中に収めるアサド政権は、そう簡単に覆るものではなかった。アサド政権に生きていてもらいたいイランがまずは味方につき、その指令でヒズボラが味方につき、さらにはロシアが背後で支援しているからである。

長引く内戦で、混乱するところへISISなどの過激派が入り込み、今やだれがだれを相手に戦っているのか、サッカーの試合のように色分けしたユニフォームがあるわけでもなく、どの組織がどこと戦っているのか、敵味方の見分けもつきにくくなっている。

そのような中、アメリカとアメリカに味方する欧米諸国やヨルダン、サウジアラビアなどのスンニ派諸国が、ISISだけをねらって空爆を続けているのだから、誤爆も十分ありうる。

しかし、その功あって、シリアでのISISはだいぶ小さくなった。BBCがわかりやすい地図を配信している。それによると、2015年1月から現在までに、ISISに占領された地域がかなり小さくなっている。

特に今年、トルコが強力に、強引に介入して以来、トルコとシリアの国境が大幅にISISの支配から解放されている。しかし、今後、どうなっていくのかは、まったくだれにもわからない。予想すらつかないというのがシリア情勢である。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-27838034

<エジプト沖で難民の遺体162人>

このような中でサバイバルしている人々は、まさに闇の中で死をまつばかりというところだ。少々でもお金のある人は国外へ逃げようとするのだが、難民になれば、保護はまったくないばかりか、どこへ行っても迫害される道を歩むことになる。

エジプト沖では金曜、エジプトの港からヨーロッパをめさしていた難民船が転覆し、これまでに162人の遺体が収容された。そのほとんどが、泳げない女性や子供だったという。

この難民船には、船底にさらに大勢の難民がいたらしく、その人々は脱出できないまま、船とともに海底に沈んでいると懸念されている。エジプトのメディアによると、この船には、450-600人が乗っていたという。

乗っていた難民は、エジプト人、シリア人、スーダン人、エリトリア人、ソマリ人。これまでに救出されたのは163人だが、ニュースを見る限り、屈強な若い男性ばかりである。

BBCは、エジプトから難民船に乗っていった16歳の息子の遺体をみつけた父親が、号泣している様子を伝えている。あまりにも悲しい姿だった。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37454066

国連によると、2015年1年間で、地球全体の難民は、6530万人。第二次世界大戦以来の難民数である。その中で、難民を排出している最大の国は、シリア、アフガニスタン、ソマリ(アフリカ)となっている。

これらの難民の多くは、エジプトなど北アフリカの港から、ブローカーに多額の金を払って地中海を渡っていくのだが、通常、難民船は過剰に人を積んでいるので、多くが途中で転覆し、多数の人々が死ぬことになる。

CNNによると、2015年1年で地中海で溺死した難民は3770人以上。リスクはわかっているはずだが、国連によると今年に入ってから地中海を渡る難民は、昨年より増えている。

*クリスチャンとみられるアフリカ難民が、無事イタリアの岸辺にたどりついて、主に泣きながら賛美を捧げている様子を、一瞬だが含んでいる映像(CNN) http://edition.cnn.com/2016/08/30/europe/libya-migrants-rescued/

<石のひとりごと>

世界には、生きながら墓場にいるような人々が何百万人もいる。一方で、架空のポケモンなどに興じている地域もある。ビル・ゲイツがいうように、確かに人生はあまりにも不公平である。

かといって実際にこの人々のところに行って働く勇気もない。せめて祈ることが精一杯であり、最善かもしれない。

よきものをもらっている私たちは、それを恐れつつ、感謝して、それぞれの地で、自らに与えらた使命をまっとうしながら、生きなければならないと思わされている。
タグ :

ゴラン高原で迎撃ミサイル発動 2016.9.20

 2016-09-20
シリア情勢が緊張する中、イスラエル北部ゴラン高原では、土曜午後、シリア方面から飛来したミサイルに対して、アイアン・ドーム(迎撃ミサイル)が発動するという経過があった。イスラエル側に被害はなかった。

この地域で迎撃ミサイルが発動するのは、2011円年以来。ゴラン高原には、イスラエルとシリアの間に、国連によって非武装地帯と定められているが、現在は、シリア政府軍と反政府勢力の戦闘地帯になっている。

流れ弾の多くはこの地域から飛来するのだが、今回も、アイアンドームが発動するぎりぎり7−8Km地点からの発射だったとみられている。

イスラエルは、これが果たして本当に流れ弾であったのか、何か意図的な背景があったのか、懐疑的な目で注目している。

*アイアンドーム

敵陣地から発射されたミサイルの軌道をすばやく計算して、着弾する前に空中で迎撃するシステム。このため、発射されてから25秒以内に着弾してしまうものや、5−6Km以内から発射されたものを迎撃することは不可能である。

したがって、ガザ地区直近の地域や、北部でも国境から数キロの地域はアイアンドームによる保護はない。

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Analysis-Mortar-shells-over-the-Golan-Heights-accident-or-border-threat-46800

<米露関係に暗雲:共同シリア停戦案は失敗へ>

シリアでは、先週、ロシアとアメリカが、シリア内戦・終息にむけての話し合いで合意し、月曜からシリア政府軍と反政府政府勢力(穏健派)が先週月曜から、一応の停戦に入っていた。

それによると、アサド大統領に影響力を持つロシアが、シリア政府軍に軍事行動を停止させ、一方、アメリカは、一部ではあるが穏健派反政府勢力影響力に軍事行動を停止させ、ISISなど過激派との明確な分離を図ることになっていた。

その状態の元、アレッポなど包囲されている地域への人道支援を行い、1週間後、停戦が続いていることを確認後、米露共同で、まずはISISなど過激派勢力を一掃するという計画だった。

この”停戦”に入った先週月曜から数日は、確かに普段より、戦闘の少ない状況が続いた。しかし、その後、シリア政府軍、反政府勢力双方の衝突が散発。

土曜には、アメリカ有志軍が、ISISと謝ってシリア政府軍を攻撃。シリア軍兵士が、少なくとも63人死亡した(BBC)。アメリカはこの誤爆を認め、謝罪したが、ロシアは、緊急に国連安保理会議の開催を要請した。

なお、シリア政府軍を誤爆に関係したのは、イギリス軍、オーストラリア軍、デンマーク軍とみられているが、現在、調査中。

会議では、ロシアとシリア(アサド政権)が、「アメリカ有志軍は、ISISに加担している。停戦の妨害になっている。」と非難した。

これに対し、ケリー米国務長官は、「シリアの混乱の中で、だれがどの組織かを判別するのは、非常に難しいというのが現状だ。

ロシアは、安保理を招集して、こうしたミスを明らかにすることを優先したわけだが、今はまずは、シリア難民に人道支援を行い、とりあえず停戦を実現することが先決だ。問題は、ロシアが、基本的にアサド政権を擁護し続けていることだ。」と非難しかえした。

こうした中、停戦1週間の期限であった19日夜、シリア政府軍が停戦は終了したと宣言。米露が共同で主導した停戦案は頓挫した。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37406757

<アレッポ:人道支援スタッフ12人死亡>

停戦期間が過ぎると、激しい戦闘が再開。アレッポでは、7万8000人に緊急支援物資を搬入しようとしていたトラック31台からなる輸送隊が、激しい爆撃にあい、少なくとも18台が破壊された。

これにより、国連とシリアの赤十字スタッフ12人が死亡した。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/218045
http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37413411
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫