東アレッポ:最後通告に応じず 2016.11.6

 2016-11-06
シリアでは、反政府勢力最大の拠点である東アレッポが、ロシアの支援を受けたシリア政府軍が包囲されたままの状況が続いている。中にいるのは反政府勢力とともに25万人の市民がいるという。

10月、シリアとロシアは、人道支援目的で一時停戦を図ったが、11月に入って、再び一時的な停戦を行い、反政府勢力には武器を持ったままでよいから東アレッポから出るようにと出口通路を2つ提供した。

また市民にも、東アレッポから脱出するよう呼びかけて通路を6本用意した。しかし、10時間たった現在も、誰一人脱出したものはおらず、人道支援物資の搬入も行われていない。脱出の途中で、シリアとロシア軍に攻撃されないという保証がないからである。

これはいわば、戦国日本でいえば、籠城している城を、取り囲んで、兵糧攻めにし、いよいよ限界になったと思われるので投降を呼びかけているという形である。

しかし、アレッポは、反政府勢力にとっては最後の砦とも言える町で、そう簡単に明け渡すことはないと思われる。住民にしても、散々家族たちを殺され、いまさら、シリア政府に投稿する気にはなれないのだろう。

こちらは、アメリカの大統領選挙の結果を待って、ロシアが総攻撃に入るのではないかとみられている。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37869193

<ホワイト・ヘルメッツ>

シリア軍のバレル爆弾で破壊された建物のがれきの下から、人々を救出するシリア人ボランティアグループがいる。ホワイト・ヘルメッツと呼ばれ、ニュースでも注目されるようになった。シリア各地や、アレッポでも活躍している。

がれきの下敷きになった生後2週間の赤ちゃんを救い出す様子は、感動である。

ホワイト・ヘルメッツ HP https://www.whitehelmets.org
ホワイト・ヘルメッツFB https://www.facebook.com/SyriaCivilDefence 

<石のひとりごと>

モスルもアレッポも、状況はあまりにも地獄絵で、見ているだけで涙がでてくるが、日本からはあまりにも遠く、報道も少なく、この苦しみを理解しようという人はそう多くはないだろう。筆者とて、イスラエルにいるからこそ、多少は身近に感じられるのかもしれない。

最近、日本のアイドルグループ欅坂46が、ナチス・ドイツの軍服に酷似する衣装で歌い踊っていたことに対し、反ユダヤ主義を監視するシモン・ビーゼンタール・センターが抗議を申し入れるという一件があった。

可愛い系のティーンエイジャーの若い日本人女性が、殺戮と恐怖の象徴であるナチス風の衣装に身を包み、ほほえんでいる写真が、イスラエル・メディアのネットでも3日ほど、出っぱなしだった。

実際のところ、イスラエルでは、この件に関心をはらう人はほとんどなかったと思われるが、ここにいる日本人としては、その写真をみるたびに吐き気を催す思いがした。穴があったら入りたい、というような生易しい恥ずかしさではなかった。

その後、このグループの所属レコード会社の親会社とプロデユーサーが謝罪したという記事があったが、問題は、会社の落ち度もさながら、女性たちが、ネオナチでもないのに、そういう服を着て平気で踊ることができたという点である。あまりにも恥ずかしい無知としかいいようがない。

ところが、日本国内では、その点を問題視する記事はみあたらなかった。案の定、在日イスラエル大使館は、フェイスブックで、会社の重役ではなく、このアイドル女性たちを招いて、ホロコーストのセミナーを申し出た。ある意味、日本の教育に対する皮肉ともとれる。恥ずかしい限りである。

このような現状の中、中東は日本からはあまりにも遠く、自分にはまったく何の関係がないことであるので、モスルやアレッポについて、特に忙しい若い世代に、関心を持つことを期待する方が、無理があるのかもしれない。

しかし、せめて、世界には、地獄の苦しみを味わっている人もいるということに、たまには少しでも関心をもってもらえれば。。。とも思う。
タグ :

シリア情勢:アレッポで反政府勢力が攻撃再開 2016.10.30

 2016-10-30
先週、イラクでモスルISISへの総攻撃が始まったことと、アレッポでのロシア軍による空爆が、一時停止していることもあり、シリア情勢の話題が隠れた感じになっている。

しかし、28日、反政府勢力が、アレッポで政府軍に包囲されている地域の解放を目指して、シリア政府支配地域への激しい爆撃を行った。

アレッポでは、10月18日から、ロシア軍とシリア軍が、人道支援目的で、アレッポの反政府勢力への空爆を停止しており、3日の予定だったが、20日以上たった今も空爆は再開されていない。

反政府勢力の攻撃を受けて、ロシア軍は、空爆再開の指令をプーチン大統領に要請したが、大統領は、「今はまだその時ではない。」として、これを受け入れなかった。

アル・ジャジーラは、アメリカの大統領選挙が終わり、来年1月に新大統領が正式に就任するまでの期間ーこの間はオバマ大統領が大統領ではあるが、引き継ぎ中であり、通常は大きな決断はしないーを待ってアレッポの反政府勢力への総攻撃を行うのではないかと分析している。

http://www.aljazeera.com/news/2016/10/aleppo-putin-reject-army-request-resume-air-raids-161029060933799.html

アレッポについては、10月17日に、アメリカ軍とロシア軍の戦闘機がニアミスを起こしていたことが明らかになった。もし衝突していれば、深刻な東西問題に発展しかねない危険な状況だった。

<ロシア軍が小学校を空爆か?>

これに先立つ水曜、アレッポから75キロ南西の町で、小学校が空爆を受け、子供20人を含む少なくとも35人が死亡した。ロシア軍かシリア軍と思われるが、双方とも、これを否定している。国連のバン事務総長は、戦犯の可能性があるとして精査を要請した。

反政府勢力が、アレッポで政府支配地域への攻撃を行ったのは、この事件への反撃であったのかもしれない。

http://edition.cnn.com/2016/10/27/middleeast/syria-civil-war/

<フランスのカライス・難民キャンプ強制撤去>

シリア他の難民たちは、その後も悲惨極まる歩みを強いられている。フランスのカライス難民キャンプは、7000人に上る難民がテントやバラックに住み、犯罪の巣になっているスラムキャンプのようなところだった。ジャングルとよばれていた。

このキャンプにいたのは、多くが保護者のいない14−17歳の未成年である。ニュースでみるからにほとんど全員男子。シリアやアフガニスタンだけでなく、アフリカ難民も多数のようである。

このキャンプは、フランスからイギリスへ向かうフェリーターミナルの近くで、少年たちは、トラックなどに便乗し、イギリスへ行こうとしていた。

しかし、暴力や犯罪など、キャンプが多くの問題を引き起こしていたため、フランス政府は先週月曜に、このキャンプを撤去することを決めた。

撤去予定前に、イギリスにすでに家族がいる子供たち250人はイギリスが受け入れ、家族との再開を果たしている。

それ以外の約5000人は、フランス各地に設けられた収容センターへ送られた。フランスから難民申請をする予定になっている。しかし、子供たちを収容センターへ移送するバスが足りないなど、フランス政府の対応のずさんさも指摘された。

撤去さわぎに紛れて、移送される前に多数が逃亡した他、今も付近で野宿を続ける少年たちが1500人もいる。

フランスは、イギリスが割り当てられた難民数を受け入れるよう、要請している。

http://www.bbc.com/news/world-europe-37811391
タグ :

シリア・イラクのISIS撃滅へ王手!? 2016.10.19

 2016-10-19
日本でも報道されているように、16日より、シリア・イラクにおける対ISIS戦に動きが出ている。

16日、ISISの対欧米戦の象徴でもある町ダビック(ISISの機関紙の名前でもある)を、シリア反政府勢力がトルコの支援を受けて奪回に成功した。

続いて17日早朝からは、イラク軍を筆頭に様々な勢力が、一斉にISISの経済的要所、イラク第二の都市、モスル奪回への総攻撃を始めている。

今回、シリア・イラクのISISへの総攻撃が今になって始まった背景には、アメリカの大統領選挙が近づいていることと関係があるとBBCは解説する。

今のオバマ政権の方針のもとで、目標を達してしまわないと、時期大統領がまた別の方針を出してくるかもしれないからである。(来年1月の完全交代までは、基本的にオバマ大統領の方針が続く)

確かにシリア・イラクのISISは撃滅へと向かうかもしれない。しかし、この戦闘が、イラクに平和をもたらすとも考えにくく、相当な人道的被害も予測され、中東がさらなる混乱に進んで行く可能性が懸念されている。

<シリア:ダビック奪回>

ダビックは、トルコ国境から10キロに位置するシリア領内の町である。この町はイスラムにとって宗教的な意義を持つ町である。

中世7世紀、イスラムの預言者モハンマドが、当時、ビザンチン帝国(東ローマ帝国)との戦いにおいて、コンスタンティノープル(イスタンブール)制覇を目指す中、「ダビックか、アル・アマックでローマ(キリスト教勢力)を撃退するまでは、世の終わりは来ない。」と言ったと信じられているのである。

そのため、ダビックは宗教的にも重要な街で、ISの機関紙の名前にもなっていた。アメリカ人人質の斬首をダビックで行い、「アメリカ人十字軍を処刑した。」と宣言していた。ダビックの名前を出すことで、戦士たちの士気を高める効果があったとみられる。

しかし、ここ数ヶ月、トルコが本格的に介入し、トルコとの国境に近いISIS支配域の奪回を進める中、今回、ダビックの奪回にも至ったということである。ダビックを失ったことはISISにとっては象徴的な意味合いもあった。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-30083303

<イラク:モスルへの総攻撃>

ダビックを反政府勢力とトルコ軍が奪回した翌17日、イラク政府が、様々な勢力が、長い準備を経て、いよいよモスルへの総攻撃を開始すると発表した。

2014年6月、イラク政府軍は、アメリカの軍事支援や訓練を受けてモスルを守っていた。しかし、いざ、ISが来ると、アメリカにもらった武器をおきざりにして逃亡し、やすやすとモスルをISISに明け渡してしまったという経過がある。以来、モスルは、ISISに支配されてきた。今回をそれを奪回するということでもある。

兵力は、イラク政府軍にクルド人勢力ペシャメルガはじめ、様々な組織も加わり、全勢力あわせて、3万人にのぼる。これまでの攻撃では最大級である。

総攻撃開始から2日目に入る18日、イラク軍はすでに周辺の10つの村を制覇し、予定以上のスピードでモスルに向かっていると伝えられている。18日現在で、モスル中心まで40キロだった。

しかし、問題は、モスル総攻撃を行っているのがイラク軍だけではないという点だ。イラク軍(シーア派)の他に、クルド人勢力ペシャメルガ、シーア派勢力、スンニ派勢力がそれぞれが、一斉にモスルに迫っている。

イラク軍とクルド人勢力は、基本的には対立している。また、モスルの住民のほとんどはスンニ派なので、スンニ派への暴力もあるシーア派の武装組織が入ってくることに懸念もある。

仮にISISを撃退したとしても、その後に、シーア派主流の現イラク政府にこれらをまとめあげる力はない。

今はとりあえず、モスルをISISから解放すること、それだけが目標だが、ではその後平和になるのかといえば、その希望はかなりうすいといえる。

<戦闘による深刻な人道被害への懸念>

モスルをめぐる戦闘は、すぐには終わらず、数ヶ月かかるとみられている。モスルは、アル・バグダディが、自らカリフを名乗り、イスラム国を立ち上げた場所であり、ISが世界的な脅威として認識されるきっかけになった都市である。

油田や銀行があり、ISの主要な収入源、経済的な中心地でもある。ISとしても死守してくることは必須。モスルには現在、最大5000人のIS戦闘員がいると推測され、自爆テロの他、化学兵器を使ってくる可能性が高い。

モスルは、人口150万の大都市である。BBCによると、戦闘が始まれば、その時まで残留している70万人が、戦闘に巻き込まれると推測されている。ISが、市民を人間の盾に使ってくることも十分ありうる。

国連は、多数の住民が難民になるとみこして、すでにモスル郊外に20万人分のキャンプを準備しているという。モスル在住のイラク市民で、すでに脱出を始めている家族もいる。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-37699233

<ISIS撃滅のあとはどうなる?:シーア派VSスンニ派>

シリア、イラクからISISが撃滅することはアメリカと有志軍の目標でもあったことだが、では果たしてそれを達成した後、どうなるのかについては、明確な計画が見えていない。

まずは、今モスルにいるIS戦闘員の一部が逃れて他地域、特にトルコやヨーロッパで、テロを活発化させることが懸念される。

また、中東でのシーア派とスンニ派の対立に拍車をかける恐れがある。

現在、イエメンでは、サウジアラビアが支援するスンニ派のイエメン政府軍と、イランが支援するシーア派の反政府勢力、フーシ派がイエメンで戦闘状態にある。

先週、サウジアラビア軍が、葬儀に集まっていたシーア派の人々に向かって誤爆してしまい、140人が死亡した。これを受けて、サウジアラビアとイランの間の緊張が、これまでになく高まっている。

イエメンには、イランの指示でヒズボラが介入している。Yネットは、イランが、ちょうどレバノンのようにヒズボラを通じて、イエメンをその影響下にいれようとしていると解説する。

もしモスルからISが追放されたあと、スンニ派とシーア派の対立が、イラクにまで拡大していった場合、イラクにもイランが進出してくる可能性もある。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4867379,00.html

いずれにしても、中東では、予想外、想定外のことばかりがおこる。こうした専門家の予想や懸念が現実のものにならないよう祈る時だろう。
タグ :

アレッポでロシアが一時爆撃停止 2016.10.19

 2016-10-19
シリア政府軍とロシア軍からの激しい空爆を受けているシリアのアレッポ。こちらはISISがではなく、シリアの反政府勢力がターゲットになっている。ISISとは別問題である。

この攻撃では、市民も無差別に殺戮されていることから、アメリカ、イギリスを中心とする欧米陣営は、ロシアの行為は、戦犯にあたる可能性があるとして、激しく非難している。深い人道的な懸念から、アメリカはロシアとのシリアでの協力を一旦、保留にし、両者は決裂するに至った。

しかし、それでは何の解決にもならないため、ケリー米国務長官とラブロフ外相が、土曜にはスイスで、翌日にはロンドンで、会談を行った。言うまでもないが、なんの成果もあがらなかった。

ロンドンでの会談の後、アメリカとイギリスは、ロシアに対するあらたな経済封鎖を行う方針を発表した。しかし、この後に及んでは、経済制裁を強化したぐらいでは、なんの効果も期待できないといわざるをえない。

http://www.bbc.com/news/uk-politics-37670528

一方、ロシアは、シリアに最新式の対空ミサイルを配備し、国民に戦いに備えるようにといったメッセージを発している。これは明らかに欧米に対する対立姿勢を示したものである。

もちろん、本気で欧米が軍事攻撃することがないこと、ロシアもまた欧米と戦う気はないのだが、中東で今最も力をもつのはロシアであるという事実をみせつけているということである。

<アレッポで前倒し一時爆撃停止>

こうした中、ロシアは、20日木曜日に、アレッポでの8時間の爆撃停止時間を設けると発表。この間に、負傷者や住民、また反政府勢力のうちのアル・シャム(元アル・ヌスラ)はアレッポから出るよう、訴えている。

ロシアのねらいは、穏健派と過激派が混じっているところ、穏健派だけにして、シリア政府との交渉、和解へともちこむことである。これにより、アレッポ、またシリアでの内戦を停戦へと導き、アサド政権を温存するということである。

http://www.nytimes.com/2016/10/19/world/middleeast/syria-russia-aleppo.html

アル・シャムは、最近、アルカイダと決別し、過激派から穏健派へと鞍替えしたと言われている。アル・シャムが加わった穏健派は、以前より強くなり、アサド政権打倒へと力を動き始めていた。ロシアとは反対にアサド政権は打倒するしかないと考えているアメリカは、アル・シャムの動きを黙認するようになっていた。

このため、先のアメリカとロシアのシリア停戦に向けた交渉において、アル・シャムを穏健派として数えるアメリカと、過激派と考えるロシアの間の不一致が浮上し、米ロの決裂につながったのであった。

今、この一時爆撃停止でロシアは、アメリカの同意なしに、アル・シャム勢力(900人程度)にアレッポを去るよう要求し、穏健派からこれを排除しようとしているのである。これについて、今のところ、アメリカからのコメントはない。

こうした中、ロシアは、突然、18日に前倒しで爆撃を停止した。8時間の爆撃停止では時間が足りないと国際社会が叫んだことに対する”好意”だと言っている。その上で、上記のように、住民とアル・シャムにアレッポからの脱出を要求している。

しかし、実際には先月、人道支援目的の爆撃停止期間に、ロシアが人道支援の輸送隊を空爆した経過もあり、アレッポにいる反政府勢力の間には、「ロシアを信用できない。」という空気が広がっているという。

https://www.rt.com/news/363108-aleppo-syria-un-churkin-nusra/

これについて、アメリカからのコメントはないが、もしロシアの思う壺になれば、アメリカは完全に中東での面目を失う形になる。こうしたことをアメリカ大統領総選挙の数週間前に実施するというのも、プーチン大統領の計算だろうか?

いずれにしても、アレッポでは、先週、激しい爆撃で、同じ家族の中で14人が死亡するなど、虐殺が続いた。イスラエルではチーフラビが「ミニ・ホロコースト」だと評するまでの状態になっていることは知っておかなければならない。

まさに地獄をはうようにして生き延び、終末時代の先を行くアレッポの人々の上に主のあわれみがあるよう、祈るほかない。
タグ :

アレッポは小さいホロコースト:チーフラビ 2016.10.15

 2016-10-15
シリアのアレッポで、ロシアとシリア軍が、激しい無差別攻撃を続けており、今も多数の犠牲者が出ていることは報じられている通りである。

これについて、スファラディのチーフラビ、ラビ・ヨセフは、この状態について、「私たちが座っているこの場所から、さほど遠くないシリア、特にアレッポで、毎日女性や子供たちが殺されている。

何百万人もの人が難民となり、包囲されている数十万人は、飢えている。彼らは私たちの友人ではないが、小さなホロコーストに苦しむ同じ人間だ。」と語った。

ホロコーストでユダヤ人が虐殺されているのを知りながら、世界は何もしなかったという悲しみを通ってきたユダヤ人は、特にこの状況に黙っていてはならないと訴えた。

スファラディ系のユダヤ人は、ナチスによるホロコーストを直接経験していないため、ホロコーストに関しては若干、蚊帳の外的に感じるというが、このコメントがスファラディ系のチーフラビから出たことは興味深いことである。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/218996

<アメリカとロシアがシリア情勢に関する対話を再開へ>

ロシアがアレッポを無差別に攻撃していることについて、戦犯にあたる可能性があるとして、アメリカがロシアとの対話をいったん保留にすると発表したが、両者は15日土曜、対話を再開するみこみとなっている。

<シナイ半島のISIS?:エジプト軍兵士12人を殺害>

シリアで、勢力を失いつつあるISISだが、イスラエル南部と国境を接するシナイ半島では、まだ活発に活動しており、エジプト軍と衝突している。

金曜、スエズ運河から東へ80キロの検問所を、イスラム武装集団が襲撃。エジプト軍兵士12人が死亡した。犯行に及んだ15人はその場で射殺された。

犯行声明は出ておらず、犯行グループを特定することはできていないが、ISIS関連のイスラム組織であるとみられている。

イスラエルのすぐ周りの諸国では、混乱を増しつつあるようである。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4866546,00.html
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫