トランプ大統領のための”ブルー・シールド作戦” 2017.5.20

 2017-05-20
トランプ大統領の就任後初となる外遊が始まった。昨日からサウジアラビアのリヤド(5/20,21)、エルサレム(5/22,23)、バチカン(5/24,25)、続いてブリュッセルでNATO首脳会議、シシリー島でのG7に出席する。

後にまとめるが、この訪問に先立ち、ロシアへの機密情報漏洩問題など、トランプ大統領に関しては、実に深刻で重要なことが連発している。

イスラエル・パレスチナ中東和平問題に関しては、”カオス”と評されるほど混乱したメッセージがホワイトハウスから、発せられ続けた。

このため、エルサレムで、トランプ大統領が何をするのか、どのように滞在するのか、ホワイトハウスからの要請は二転三転し、政府プレスオフィスが、滞在スケジュールを送ってきたのは、わずか数日前の昨日である。

いろいろ問題の多い大統領だけに、暗殺やテロの可能性は高い。アメリカ、イスラエル両国の治安部隊は、トランプ大統領一行の安全を確保するため、綿密な計画を立て、共同訓練も行ったという。名付けて”オペレーション・ブルー・シールド”である。

<大統領ご一行護衛作戦ブルーシールド>

トランプ大統領は、メラニア夫人はじめ、大統領上級顧問で、娘婿のジェレッド・クシュナー氏とその妻イバンカさんを同伴している。

ホワイトハウスからは、ティラーソン国務長官、マティス国防長官、プリーバス大統領首席補佐官、スパイサー報道官に、タカ派で知られる首席戦略官スティーブ・バノン氏とそうそうたる面々が同伴する。護衛も入れて大統領様ご一行は1000人以上に上る。

エルサレムでの宿泊はキング・デービッドホテル。そこから、大統領官邸、首相官邸、ヤドバシェム、旧市街の嘆きの壁、キリスト教地区、おそらくはベツレヘム(アッバス議長と会談)へと移動することになる。

このため、この2日間、エルサレム市内は、広範囲に、長時間、道路が封鎖される。エルサレム上空は、この2日間、飛行禁止になる。

閉鎖になる地域や道路は、町の目抜き通りであるため、エルサレム市はこの2日間、非常に不便なことになる。治安部隊は、市民に対し、乗用車の使用を避け、「できるだけ家から出ないように」との叫ぶような要請を語っている。

チャンネル2によると、配置される治安部隊は、4000人以上で、特にキング・デービッドホテル周辺は、”無菌状態”、つまりは、ホテル全館だけでなく、周辺も幅広く封鎖状態になるという。

ホテルは、イスラエルがRBG(ロケット弾防護設備)や化学兵器に備えるシステムを準備したのに加えて、アメリカも同様の防護システムを持ち込むという。

大統領が泊まる部屋は、旧市街を見渡す見事な眺めがあるが、それほど大きな部屋ではない。しかし、上記のような護衛システムが配備されているせいか、一泊5700ドル(約60万円)もする。

*来週は過密スケジュールのエルサレム

トランプ大統領が来る来週、エルサレムは統一50周年で40以上の市民イベントが予定されている他、イスラムのラマダン開始日も迎える。治安部隊には非常に頭の痛い週である。

①5/21(日) 旧市街でエルサレム統一50周年イベント
城壁に映像を映すスペクタクルショーの開始日で、ネタニヤフ首相がヤフォ門で演説(ショーは7月まで継続)

②5/22(月), トランプ大統領訪問(空港到着13:00)ー大統領官邸、ネタニヤフ首相と夕食

③5/23(火) トランプ大統領訪問(空港出発16:00)ー旧市街・ベツレヘム訪問?ヤドバシェム、イスラエル博物館でスピーチ
エルサレム市内各地で統一50周年記念関連のイベント 
日中、市内でシオニスト関連の学生イベント、ダビデの塔で特別イベント、夜は町の中心や公園などでコンサートや徹夜パーティなど

④5/24(水) シオニスト群衆によるフラッグ・パレードと嘆きの壁での祝典、弾薬の丘での公式式典(ネタニヤフ首相、リブリン大統領)

⑤5/26)金) イスラムのラマダン開始

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4964436,00.html
タグ :

針のむしろのトランプ大統領:ロシアへの機密情報漏洩問題 2017.5.20

 2017-05-20
トランプ大統領は、この8日間、文字どおり世界中を回ることになるのだが、本国アメリカでは大統領弾劾の可能性との声もあり、まさに”針のむしろ”に座る中での外遊となりそうである。

発端は、トランプ大統領が、ロシアのラブロフ外相に、ISISに関する高度な機密情報を伝えていたとアメリカのメディア(ニューヨークタイムスなど)が伝えたことからである。

その機密情報は、イスラエルがISIS内部に忍ばせているスパイからのものとみられ、アメリカ行きの飛行機を、手荷物のPCに仕込んだ爆弾で爆破するという情報であったと伝えられた。

アメリカはこれを受けて、一時機内へのパソコンの持ち込みを禁止するなどの対処を行なっていた。トランプ大統領はこの情報をロシアに漏らしていたというのである。

トランプ大統領にすれば、治安維持のためにロシアも知っておいて欲しかったという動機であったようだが、問題は、この情報を提供したスパイ、さらには、そのスパイを、ISIS内部に送り込んでいるイスラエルに危害が及ぶのではと懸念されたことだった。

ロシアに情報が流れたということは、イスラエルの宿敵であるイランにも情報が流れた、または今後も流れる可能性があるということも示唆する。

これについて、イスラエル政府は、不思議なほどに沈黙を守り、数日後、リーバーマン国防相が、「イスラエルとアメリカの親密な信頼関係は今後も続く。」とのコメントを発表し、全く意に介さず、との態度をとった。

その後、ヨルダンが、その情報をもたらしたのは、ヨルダンのスパイであると、真実かどうかわからないようなコメントを出し、この問題は、イスラエルにとっては、どうもうやむやに終わった感じである。

<微妙な状況>

この問題についての本質を言えば、イスラエルにとって、唯一の同盟国アメリカをもはや信頼しないという選択肢はない。

アメリカは、中東情勢に詳しい同盟国のイスラエルから情報を得、そのお返しにイスラエルに軍事支援を行っているわけで、今回のようなことで信頼関係が、若干崩れたとしても、両国がそれで関係を破棄することは、お互い不可能である。

しかしながら、今後どの情報をどのようにアメリカに伝えるのかについては再考を余儀なくされるとみられる。

Yネットによると、こうしたスパイからのテロに関する治安問題に関わる情報は、特にロシアが危機にある場合は、しかるべきルートで、ロシアにも伝わっていたという。そこには、各国の情報網の間に暗黙のルールがあるらしい。今回、トランプ大統領はそれを崩したのである。

この件で、危機感を最も強めたのはロシアと直接対峙するヨーロッパNATOである。今後、アメリカをどこまで信用し、どこまで情報を共有するのか、これからは二度考えざると得ないという。トランプ大統領は今回、NAT0首脳会議に出席することになっている。

<弾劾の可能性?> http://www.bbc.com/news/world-us-canada-38966846

この問題は、アメリカでは、ウォーターゲート事件以来の出来事と非常な衝撃となった。いまや、トランプ大統領がロシアに情報を漏らしたことにとどまらず、大統領自身のロシアとの関連が疑われるようになっている。

トランプ大統領は、今年2月、当時大統領補佐官(国家安全保障担当)のフリン氏をとロシアとの関連で、解雇したが、その際、その調査を行なっていたFBI長官のコミー氏に、調査をそこで中止するよう、大統領自身が、指示していたことが明らかになった。

トランプ大統領は、5月9日に、そのコミー氏もまた突然、解雇したことで、今度は大統領自身のロシアとの関連が疑われることになったのである。

アメリカでは、「ウォーターゲード事件」以来の重大事だとして、大騒ぎとなり、この件に関する特別の調査が行われることになっら。その責任者に、歴代大統領に仕えたベテランFBI長官のロバート・ミューラー氏が指名された。

ミューラー氏は、アメリカ国民からは、どの派閥からも影響を受けない極めて公正な人物と目されているようである。今後、ミューラ氏を中心に、大統領選挙中にロシアが介入しなかったかなどからトランプ大統領の身辺が調査されることになる。

つまり、トランプ大統領は、可能性は低いとしても、ひょっとしたら、大統領を下されるかもしれない・・というような状況下で、今回の外遊を始めるということである。

http://www.bbc.com/news/world-us-canada-39961732

<石のひとりごと>

トランプ大統領が、ビジネスマンとは違う、大統領という立場を十分わきまえていないのではないかというアメリカ人たちの反応は理解できるところである。

一方で、トランプ大統領が、就任以来、相当あからさまにメディアに敵対していたことを思えば、今、メディアが、いっせいに反撃しているといえなくもないようにも思う・・。
タグ :

UNESCO:反イスラエル決議採択の内訳 2017.5.3

 2017-05-03
先にお伝えしたように、2日、イスラエルの独立記念日に合わせて、ユネスコは、アラブ7カ国が要請した、エルサレム市に対するイスラエルの主権を否定する決議案の採択を行った。

決議案は、エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教にとって重要であるとし、「エルサレムに関して”占領者”イスラエルが定めた、立法、運営に関する基本法は、聖なる都エルサレムの性質をゆがめるものであり、ただちに無効にされるべきである。」と述べられていた。

"all legislative and administrative measures and actions taken by Israel, the occupying Power, which have altered or purport to alter the character and status of the Holy City of Jerusalem, and in particular the “basic law” on Jerusalem, are null and void and must be rescinded forthwith.”

結果は予想通り採択されたが、賛成国は22カ国にとどまり、ヨーロッパ諸国の多くは反対票を投じて、イスラエルの側に立った形となった。

<賛成22カ国>

アルジェリア、エジプト、レバノン、モロッコ、オマーン、カタール、スーダン(決議案提出7カ国)とイラン、マレーシア、モーリタニア、ナイジェリア、セネガル、南アフリカ、バングラディッシュ、パキスタン、ベトナム、スウェーデン、ロシア、中国、ブラジル、ニカラグア、チャド

<棄権23カ国>

日本、韓国、フランス、ハイチ、ドミニカ共和国、メキシコ、スペイン、聖キッツとネビス、ケニア、トリニダード、トバゴ、アルバニア、カメルーン、エストニア、アイボリーコースト、スロバニア、ガーナ、モザンビーク、ウガンダ、アルゼンチン、エル・サルバドール。スリランカ、ネパール

<反対10カ国>

アメリカ、ウクライナ、イタリア、ドイツ、イギリス、オランダ、ギリシャ、パラグアイ、リトアニア、トーゴ

ネタニヤフ首相は、2日、聖書クイズ大会においてコメントし、「イスラエルはユネスコを否定する。ユダヤ人の歴史を通じてエルサレムは常に中心的存在であった。今年イスラエルはエルサレム統一50周年を祝う。また、シオニズム(ユダヤ人がシオン(エルサレム)に戻るための運動)120周年を祝う。」と述べた。

またネタニヤフ首相は、ユネスコにおける反イスラエル決議に賛成する国の数が回を重ねるごとに減っていると指摘した。1年間にユネスコでの反イスラエル決議に賛成した国々は32カ国、半年前は26カ国、今回は22カ国である。

今回、ドイツは、決議案の内容表現を緩和することをアラブ諸国に合意させ、代わりにヨーロッパ諸国に賛成または棄権するよう説いて回ったと伝えられていた。

ところが、蓋をあけてみれば、そのドイツ自身が反対票を投じていた。フランス以外のヨーロッパ諸国も多くが反対票を投じていた。

http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4956465,00.html
http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/228995
タグ :

UNESCO:イスラエル独立記念日に反イスラエル決議採択か 2017.5.2

 2017-05-02
イスラエルが69回目の建国記念日を祝っているその日、ユネスコでは、イスラエルのエルサレム、ヘブロンのマクペラの洞窟、ベツレヘムのラケルの墓に対する主権を否定するともとれる決議案に対する採択が行われることになっている。

加盟国58カ国の過半数がイスラム国であることから、採択される見通しとなっている。

この決議案は、アルジェリア、エジプト、レバノン、モロッコ、オマーン、カタール、スーダン(全部イスラム国)が提出したもので、昨年12月に、神殿の丘とイスラエルの関係を否定したかのような決議案が採択されたが、それと同様の動きである。

<ドイツによる介入は裏目?>

今回は、これに対し、ドイツが、上記アラブ諸国と交渉をすすめ、エルサレムに対する「ハラム・アッシャリフ」という名称を取り下げるなど、表現に緩和と妥協をすれば、ヨーロッパ諸国に対し、この決議案に賛同するか棄権票を投じるとして働きかけを行った。

アラブ諸国はこれに応じ、文面から神殿の丘に対する「ハラム・アッシャリフ」という名称や、嘆きの壁に対して使っていた「アル・バラック」というイスラムの名称を取り下げた。

また、エルサレムは、「ユダヤ教、キリスト教、イスラム教にとって重要である。」とイスラムを突出させない文面にするなど、大幅な譲歩を行ったとしている。

しかし、いくら表現が緩和されたとしても、この表現によれば、エルサレムは3宗教に等しく重要なのであって、イスラエルがその上に主権を行使するのはおかしいとイスラエルは反発している。

実際、エルサレム、ヘブロンのマクペラの洞窟、ラケルの墓は、歴史的に見れば、明らかにイスラエルが最大の関係国であり、考古学的にみても、遺跡となっている建造物は、すべてイスラエルが建築したものである。主権をとっても当然だとイスラエルは考えている。

ドイツは、頑張って譲歩を導き出したつもりであったかもしれないが、イスラエルとしては、この案にヨーロッパ諸国にが賛成、または棄権票を投じることによって、これが国際社会の認識になってしまうことは承認しがたいことである。

投票前の現段階で、イタリアが、これに反対すると表明しているが、ユネスコ加盟国58カ国の過半数が、イスラム諸国であることから、この決議案は前回と同様、承認されるみこみとなっている。

・・で、それでどうなるのか?・・・だが、前回と同様、今すぐ何かが変わるということではないだろう。

しかし、こうしたことの積み重ねが、全世界の反イスラエル感情に、正当性を与えることになり、将来、全世界がイスラエルを攻撃しに行くということも可能になっていくのかもしれないと思われる。

http://www.haaretz.com/israel-news/.premium-1.786406 
タグ :

北朝鮮がイスラエルを脅迫 2017.5.2

 2017-05-02
北朝鮮とアメリカの緊張が続いている。こうした中、イスラエルのリーバーマン国防相が先週土曜、北朝鮮のキム・ジョンウンを「狂人」と評し、「イランとシリアとともに、国際社会の平和を乱す異常なギャングだ。」と述べたことを受けて、北朝鮮が、イスラエルを脅迫し返した。

北朝鮮は、「イスラエル国防相が述べたことは、非常に悪いことで、北朝鮮に対する非常に重大な挑戦だ。」と言った。

またイスラエルについて、「アメリカの協力者で、中東で唯一、違法に核兵器を持つ国」とし、「アラブの領地を占領して中東の平和を乱している。」と言った。

これに先立ち、イスラエル軍高官は、「北朝鮮はイスラエルからは遠いのではあるが、万が一、アメリカと北朝鮮が戦争になった場合、アメリカ軍の戦力がそちらに回されるため、イスラエルにとっても脅威になりかねない。」とコメントしていたとも報じられた。

北朝鮮情勢が、実際にイスラエルにまで影響するかどうかは不明だが、少なくとも、北朝鮮が霊的にはイスラエルに敵対しているということは間違いなさそうである。

http://www.jpost.com/Israel-News/Politics-And-Diplomacy/Israeli-politicians-pan-Liberman-for-provoking-North-Korea-489390
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫