FC2ブログ

イスラエル軍と協力するクリスチャン医療支援隊 2018.7.11

 2018-07-11
シリア南部での戦闘で難民がゴラン高原にまでせまったきたが、イスラエルは難民を領内に受け入れず、シリア領内でとどまるよう支援することを決めた。その上で、イスラエルとの国境付近に来た難民には、医療を提供する他、人道支援物資の搬入を行なっている。

イスラエル軍と協力し、シリア側で、医療活動をしているのは、AFI(Frontier Alliance International)と呼ばれる国際クリスチャン団体である。

AFIの医師、看護師らは、明確にイエスの名を全面に出しながら、自らの危険をかえりみず、難民たちの中に入って医療活動を行っている。献金だけでなく、実際に現場で働く彼らの働きは、イスラエル軍にも非常に高く評価されている。以下はシリアとの国境取材より。

<キブツ・アロネイ・ハバッシュ>

シリアとの国境に面するキブツ・アロネイ・ハバッシュは、シリア南部から逃れてきた難民たちのキャンプから500メートルしか離れていない。

しかし、両者の間には、非武装地帯があり、こちらかもむこうからも出入りはできない。キブツから、キャンプが見渡せる高台までは、ジープが必要であった。

高台からは眼下にフェンスがあり、そこから何もない緩衝地帯が数百メートルあり、その先に難民たちのテントがばらばらと見えた。10日前に、シリア南部からこの地域についたというモハンマド・ハリリさん(29)は、電話で記者団に対し、できれば、イスラエルに入りたいと言っていた。

<イスラエル軍の良き隣人作戦>

イスラエル軍は2013年から、シリア人で重症の負傷者を市民か武装勢力かの判別なしに、極秘で国内に搬入し、治療後、シリアに送り返すという人道支援を続けている。イスラエル軍医療部隊で医師のトメル・コラー少佐によると、これまでに子供1000人を含む負傷者3500人を治療したという。

2016年からは、医療ケアに加えて食料、医療物資などの人道支援物資も搬入するようになった。これに加えて、今回新しくこの地域(反政府勢力支配下)に、1万から1万5000人のシリア難民が来たということである。

この2週間、イスラエル軍は、食料、医療物資、ガソリンや発電機など生活のためのあらゆる必需品をほぼ毎晩届けているという。特に先のラマダン中には、多くの肉も支援した。イスラエルへ搬送した負傷者はこの2週間で30人に上っている。

物資の調達は、イスラエル軍だけでなく、イスラエル国内外の様々な支援団体がまかなっている。イスラエル軍は国連からの支援を期待したが、国連からの支援は今にいたるまでないとのこと。

近い将来、アサド政権がこの地方を支配するようになってからも支援を継続できるかどうかはまったく不明だが、できれば支援活動を続けたいというのがイスラエルの方針である。

イスラエルには、自国の防衛を最優先しながらも、苦しむ人々を放っておくべきでないという基本理念がある。

また、この8年ほど、この活動を通じて、シリア人たちの間で、イスラエルは危険な国ではないという概念が定着し始めている。これは長い目でみれば、将来、シリアとイスラエルの友好関係につながっていくと期待しているのである。

<シリア側での医療支援はクリスチャンが協力:AFI(Frontier Alliance International)>

イスラエル軍は、物資の調達をとりついだり、イスラエル側へ入った負傷者を助けることはできるが、非武装地帯へ入り、その先のシリアへ入ることはできない。その役割をになっているのが、AFIというクリスチャンNGOの医療部隊である。

AFIは、国際クリスチャン団体で、明確にイエスの名を全面に出し、聖書のことばに基づいて戦時下にある人々の間で医療を提供している。チームは医師、看護師など、世界中からボランティアで集まったクリスチャンたちである。

この窓口になっているのが、元イスラエル軍司令官退役軍人のマルコ・マレノさん。マレノさんは、クリスチャンたちがただ献金するだけでなく、実際にシリア人の中に入って活動していることに感動していると語った。

マルコさんとともに、イスラエル側で働くAFIの担当者によると、シリアでは最高65歳の看護師も働いているという。セキュリティの問題から、チームの人数や活躍の場所などはいっさい聞くことができなかった。

AFIでは、シリアに限らず、中東など紛争地帯で同様の活動を行っている。献金はネットからも可能で、スタッフになる医療関係者はいつでも応募できる。また映像による現実の紹介も行っている。

HP https://www.faimission.org/our-three-mandates/

フィルムサイト:”Sheep among wolf” https://www.faimission.org/film-library/

<ガリラヤ西部ナハリア・メディカルセンターより>

ナハリヤのこの病院は、一般の市民総合病院であるが、すすんだERや脳神経外科、整形外科があるため、市民の治療に加えて、重症のシリア難民の治療にあたってきた。これまでに治療したシリア人は2500人。このうち20%は子供だという。

最近のシリア南部での戦闘が始まってから13人が搬入され、現在、合計40人が入院中である。

顔面、頭頚部専門のエイヤル・セラ医師によると、シリアから搬入されてくる負傷者は、爆弾や機関銃などによる創傷で、相当重症である。また負傷後、治療がなされていないため、イスラエルでは未知の細菌に感染している場合があり、通常の抗生剤が効かないという。

ある患者は、銃弾が耳元から入り、顎を通過して胸につきささっていた。銃弾は入るときより、出るときに組織を破壊するという。この男性は顔半分がふきとんでなくなっていた。

セラ医師が、治療後として示す写真をみると、なくなっていた顔が再構築されていた。患者自身の足などの組織を使って顔を作り上げたのである。鼻は、3Dプリンターで作成したものを埋め込んだとのこと。

このように人間の形を失っていたような負傷者を人間の形に戻し、義足などで再び歩けるまでに回復させるのがこの病院の方針である。ただし、患者自身がそれぞ望むならばである。中には拒否する者もいる。

長時間かけて治療しても、シリア人たちは、まもなくシリアに戻っていく。セラ医師によると、その後については知るよしもないという。中には死亡したとの連絡を受けることもある。

イスラエルで治療を受けたのちに、回復を待たずにシリアへ戻り、また片手がふきとんで、戻ってきた少年がいた。手に持っていた手榴弾が爆発したのである。少年は、「あなたの国の子供たちは、コンピューターゲームをするのだろうが、僕たちはこれしか知らないんだ。」と怒って言ったという。

敵である人々を治療することについて、セラ医師は、

<イスラエルで治療を受けているシリア人の声>

顔面などに負傷して入院中のシリア人2人に話を聞いた。

ダマスカス近郊でシリア兵の銃弾を顔面に受けたグータさんは2年前にイスラエルに搬入され、破壊された顔面の再構築治療を受けている。シリアからイスラエルまでは極秘に馬に乗せられて3時間かかってたどりついたという。

イスラエルで治療を受けた人から話をきいていたので、恐怖はなかったという。グータさんは、15日おきに、シリアにいる家族と赤十字を通じて連絡をとれている。

クネイトラ周辺でやはり顔面に銃弾を受け、そのときに両手も失ったナウラスさん(22)は、今年6月2日にイスラエルに搬入された。イスラエルでよい治療を受けていると言っている。今両手の整形手術を待っているところだという。

グータさんは、シリアでは死というものが日常になっていると話す。シリアには、戦争とは関係ないマフィアのようなものもいて、あるとき、グータさんの友人を誘拐して父親に身代金を要求した。すると父親は、息子は5人いるから1人ぐらい殺しても良いといったそうである。

グータさんは、「はやくアサド政権が排斥され、シリア人がシリアに平和に暮らせるようになってほしい。イスラエルとよい関係になり、両国に行き来ができるようになってほしい。」と語った。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

歴史的:ウイリアム英王子のイスラエル公式訪問 2018.6.30

 2018-06-30
イギリスのウイリアム王子が、ヨルダン訪問の後、26日から3日間、イスラエルを公式訪問した。イギリス王室メンバーがイスラエルを公式に訪問するのは史上初で、歴史的訪問となった。

イギリスは、これまでイスラエルに対してどちらかといえば冷たい態度を取り続けてきた。1947年のパレスチナ分割案には棄権票を投じ、イスラエルの独立を認めたのは1950年になってからである。

その後も紛争が続いているとして、イギリス王室はイスラエルへの訪問はしなかった。今回、次期国王であるウイリアム王子がイスラエルを公式訪問したということは、それなりに平和であることの象徴であると同時に、イスラエルの国としての格が国際社会の中で、公認定着したということも意味する。

ウイリアム王子の公式訪問は、アルゼンチンのサッカーチームが、BDS(イスラエル・ボイコット運動)の一環として、イスラエルでの試合をボイコットした直後であった。王子の公式訪問は世界のBDSムーブメントに大きなしっぺがえしになったともいえる。

イスラエルでは、初日、ネタニヤフ首相官邸、リブリン大統領官邸を訪問する他、ヤド・バシェム(ホロコースト記念館)を訪問。献花した他、ヒトラー政権下で、ユダヤ機関の子供救出作戦で、親と別れ、ドイツなどからイギリスに避難して生き残ったホロコースト生存者2人にも面会した。

ウイリアム王子からは曽祖母にあたるアリス妃は、ギリシャの王子と結婚した後、ナチスの占領を経験。生まれながらの聴覚障害者で、後には統合失調症でもあったが、ユダヤ人を匿い助けたことで、義なる異邦人として登録されている。

テルアビブでは、ビーチを歩いて市民たちとの交流の時もあった。今年ユールビジョンで優勝したネタ・バルジライさんにも会った。

3日目はエルサレムで、アリス王妃が葬られているオリーブ山のロシア正教の他、神殿の丘、嘆きの壁、聖墳墓教会と3宗教すべての聖地を訪問した。

その案内役はエルサレムのバルカット市長が務める予定であったが、イギリスはこれを辞退した。エルサレムをイスラエルの首都と公式に認めることにつながる可能性があったからである。

代わりに、イギリスは、ラマット・ガンにあるイギリス大使館での式典にバルカット市長を招いたが、バルカット市長は、エルサレムで会えないなら、どこででも会うべきでないとこれを辞退した。

<ラマラのアッバス議長訪問>

ウイリアム王子のイスラエル訪問は、イスラエル外交にとっては大きな前進だが、イギリスは、王子の訪問を政治的にならないよう、慎重であった。

バランスを崩さないよう、西岸地区ラマラでアッバス議長を訪問し、パレスチナ難民キャンプにも足を運んでいる。

アッバス議長は、ウイリアム王子に、パレスチナは、1967年以前の国境線で独立し、イスラエルと平和に共存することを望んでいると語り、独立したあかつきにはまた訪問していただきたいと述べている。

アッバス議長が、イギリスが最近UNRWAに支援金を送ったことに感謝すると、ウイリアム王子は、「私たちの”国”が、教育や支援活動で協力できて嬉しい」と語った。パレスチナを「国」と呼んだことは問題になりうるところであるが、今回、イスラエルはあえて、これをとりあげないことにした。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Abbas-to-Prince-William-Palestinians-are-serious-about-peace-560984

<イギリスの複雑な思惑>

日本の皇室と同様、イギリス王室の公式訪問を決めるのは王室自身ではなく、イギリス政府である。つまり、今のメイ政権が、ウイリアム王子をソフトな外交ツールとして遣わしたということである。

イギリスは、今EUからの離脱で、友好国を増やしたいのである。また、最先端のハイテク力を誇るイスラエルとの友好関係はイギリスにとっても重要である。

ネタニヤフ首相も認めているところだが、イスラエルのハイテク力が、今世界中の注目を集めており、軍事力以上に、イスラエル守る力になっているということである。

イスラエルは、好きではないが、手を結んでおくことは国益になると判断したイギリスの複雑な思惑が、ウイリアム王子訪問の背景にあるようである。

<石のひとりごと>

ヤド・バシェムを訪問したウイリアム王子の取材に行った。王子は、非常に背が高く、いわゆる人より首から上飛び出している状態。36歳なのに、はげ頭だが、王室らしく非常に上品で、顔立ちもとても美しい男性であった。

テルアビブでは、多くのとりまきがいたが、エルサレム、特にヤド・バシェムでは、王子を見に来る人も少なく、取材班も少なく、セキュリティもほぼなく、プレスカードの提示すら求められずという状況であった。

イスラエルに軍配が上がった形の訪問なので、来ているプレスもBBCとイスラエルメディアぐらいで、興味もいまいちであったか、純粋に、非政治的訪問だったので、テロリストもほとんど興味なしだったか。。。。若干、拍子抜けであった。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ポーランドがホロコースト関連法を修正 2018.6.30

 2018-06-30
数ヶ月前、「ポーランドの死の収容所(アウシュビッツなど)」という表現など、ホロコーストの責任がポーランドにもあるといった、または紛らわしい表現をした者には、3年を上限とする禁固刑に処すという法律が制定された件について。

イスラエル政府や、ホロコースト関連の専門家たちからは、「ホロコーストは明らかにナチスの責任ではあるし、多くのポーランド人がユダヤ人を助けたことは事実だが、ポーランドにまったく罪がないわけではない。この法案は、研究や言論の自由を奪うものだ。」として、懸念や批判が噴出していた。

アメリカも、この法案は、ポーランドとイスラエルの関係を悪化させるとして、イスラエルを支持して反対する立場を表明し、国際社会からもブーイングが出ていた。

実際、この法律によれば、今年のホロコースト記念日にポーランドで、「ポーランドは、ドイツの虐殺を可能にした」と演説したリブリン大統領も逮捕される可能性が出てくる。

この件について、27日、ポーランドが突然、この法律に修正を加えることを決定したというニュースが入ってきた。

禁固刑3年を上限にという罰則の部分が削除されるという。この法律の目標はたんにポーランドの威厳を守ることが目的であるとしている。

これを受けて、ネタニヤフ首相は、ポーランドの修正を歓迎すると発表している。

https://www.timesofisrael.com/poland-amends-controversial-holocaust-law-nixing-penalties/

<アメリカの圧力か>

アルーツ7が、ポーランド最大のメディアサイトOnetが伝えたところとして、報じたところによると、ポーランドのこの急展開の背後には、アメリカの圧力があったという。

トランプ政権は、この法律に修正を加えないなら、ポーランドのデュマ大統領とモラビエツキ首相のアメリカへの訪問は受け入れないと圧力をかけ、ワルシャワのアメリカ大使館も、修正しないなら、経済支援を保留にするといっていっていたもようである。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/248163

修正を受けて、アメリカも歓迎すると発表している。

イギリスからウイリアム王子が公式訪問し、かつポーランドがイスラエルの要請をくみとって問題の法案を軌道修正するなど、イスラエルはいつになく、国際社会で安定した地位を持ち始めているいう記事もある。

https://www.jpost.com/Israel-News/Navon-Israel-needs-to-recognize-its-power-and-leverage-561133
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アメリカの中東和平案始動か 2018.6.20

 2018-06-20
北朝鮮との対話開始に成功したトランプ大統領。いよいよパレスチナ問題への解決に動き始めるようである。

来週、トランプ政権の中東担当大統領上級顧問のクシュナー氏、米中東和平担当代表のグリーンブラット氏が、中東諸国とイスラエルを訪問する。

https://www.timesofisrael.com/us-peace-envoys-to-visit-israel-saudi-arabia-egypt-next-week-for-talks/

昨日、クシュナー氏とグリーンブラtット氏は、ヨルダンのアブダラ国王を訪問したと伝えられている。さらにこれに先立ち、ネタニヤフ首相がアンマンにおもむき、アブダラ国王と会談した。内容はまったく報じられていない。

https://www.timesofisrael.com/us-envoy-hails-netanyahu-meeting-with-jordan-king-on-peace-talks/

パレスチナ自治政府のアッバス議長は、アメリカがエルサレムをイスラエルの首都と宣言して以来、アメリカを仲介者としては認めないと発表。いかなるアメリカの使節団との会談には拒否の姿勢を貫いている。

破天荒なトランプ大統領が、この状況下で、どんな中東和平案をもってくるのか、注目されるところである。

カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イギリスのウイリアム王子イスラエル訪問 2018.6.20

 2018-06-20
イギリスのウイリアム王子(ケンブリッジ公爵)が、来週、イスラエルと西岸地区、ヨルダンを訪問する。一時、嘆きの壁への公式訪問の可能性も報じられたが、今の所、旧市街への観光はないもようである。

イギリス王室のイスラエル訪問は初めてでないが、歴史的と報じられている。

https://www.jpost.com/Israel-News/Five-must-know-facts-about-Prince-Williams-historic-visit-to-Israel-560408
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

グアテマラ火山噴火: イスラエル援助隊活躍中 2018.6.12

 2018-06-12
6月3日に噴火したグアテマラの火山。犠牲者はこれまでに75人だが、まだ200人が不明で、犠牲者数は増えるとみられている。

この火山噴火では、一つの村が消失するほどの被害が発生しており、多数の家族を一瞬で失った人が多数いるという。

エル・ドデオさん(25)は、妻と両親、弟夫妻とその子供たち全部を一度に失った。写真をみると呆然を通りこした表情で、これから彼が歩む道を思うと、祈る言葉もない。。。

https://www.bbc.com/news/world-latin-america-44379303

グアテマラは、5月、アメリカに続いて大使館をエルサレムへ移動した2つ目の国。モラレス大統領の要請に応じ、6月6日、火傷の専門家、呼吸器専門家、ERスタッフなどからなる医療部隊をグアテマラに派遣した。

派遣期間は10日間の予定。チームは現地医療スタッフに合流し、負傷者の治療にあたっている。ネパール地震の時と違い、噴火はまだ終わっておらず、救援隊が到着後に負傷する人がまだいるという。

https://www.jpost.com/HEALTH-SCIENCE/Israeli-team-rush-to-Guatemala-to-help-volcano-victims-559408

イスラエルの火傷専門の医師たちは、特殊な酵素を用いて、できるだけ手術なしに火傷を治療する技術を用いて、治療にあたっている。

<世界を祝福するイスラエルの技術:ネタニヤフ首相インタビューBBCより>

https://www.youtube.com/watch?v=22QO6Jhcqz0

イスラエルは世界の嫌われ者ではあるのだが、その先進技術が世界の祝福になっていることは否めない。

ネタニヤフ首相は、中東や世界の力関係が変化しつつある背景に、イランに対立する国がイスラエルに近づいていることとともに、世界がイスラエルの最新技術を求めて、イスラエルに近づいているとの考えを明らかにしている。

余談になるが、このインタビューでネタニヤフ首相をインタビューしているBBC記者は、かなり失礼である。しかし、ネタニヤフ首相は、まったく動じることなく、余裕の笑みを浮かべながら、余裕の様子で答えている。

その返答には、一貫性があり、自信に満ちている。国を導くという点においては、真剣であることが伝わって来る。

国内では汚職問題で深刻な状況にあるのだが、Yネットは、今選挙すれば、やはりネタニヤフ首相になるだろうとの見通しを語っている。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫