FC2ブログ

シリア情勢アップデート:ロシアとアメリカの心変わり!? 2019.2.2

 2019-02-02
434651.jpg
ダマスカス上空 写真出展アルーツ7 January 21st, 2019. (photo credit: STR / AFP)

<イスラエルのイラン攻撃エスカレート>

アメリカがシリアから撤退を表明して以来、イスラエルはシリアのイラン軍拠点への攻撃を強化している。

前イスラエル軍参謀総長のガビ・エイセンコット氏によると、イスラエル軍がシリアのイラン拠点に対して打ち込んだミサイルの数は、2018年だけで、2000発にのぼるという。

今年1月22日未明、イスラエル軍はダマスカス空港のイラン軍関係施設(諜報機関と軍事訓練関係)を攻撃。これにより、21人が死亡した。21人のうち、6人はアサド政権関係者で、15人は外国人。このうち12人がイラン人でっあったと報告されている。

この攻撃で注目されたのは、イスラエルの攻撃が夜でなく日中であり、自ら攻撃したことを認めたことであった。「イスラエルは、シリアにイランの存在を決して受け入れない。」というメッセージが込められているようである。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Report-12-Iranians-killed-in-Israeli-strike-on-Syria-total-rises-to-21-578258

この攻撃に対し、シリアからゴラン高原のイスラエル側へミサイルが打ち込まれたが、迎撃ミサイルが撃墜し、イスラエル側に被害はなかった。イランは、ベングリオン空港への攻撃も示唆したが、今の所、攻撃は実施されていない。

こうした大胆なイスラエルの攻撃が、先の北部ヒズボラのトンネル摘発も含めて、総選挙と無関係ではないと見る声も少なくない。ネタニヤフ首相が、国民に対し、「ネタニヤフ首相にしか国は守れない。」というイメージを国民に提示する結果になっているからである。

しかし、イランへの攻撃があからさまになってきたことで、いつかはイランが反撃の出て、大きな地域戦争に発展するのではないかとの懸念が、リブリン大統領、またアメリカの諜報機関長官からも出始めている。

https://www.jpost.com/Israel-News/Israeli-strikes-on-Iran-in-Syria-may-lead-to-war-US-intelligence-chief-579184

こうした中、ロシアとアメリカが方針転換ともとれる発言をした。Ynetは、これを”好転”になりうるとの味方も提示する。無論、中東のことであるので、その”好転”かも状態も、あっとううまにひっくり返される可能性は十分あるわけだが・・・。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5453518,00.html

1)ロシアはイランの同盟ではない:ロシア副外相

イスラエルのダマスカス空港への攻撃を受け、ロシアのスポークスマンは、「このようなイスラエルの独断的な攻撃は停止すべきだ」と述べたが、そのわずか2日後、ロシアのリャバコブ副外相が、CNNのインタビューに答えて、「ロシアとイランは、同盟国といった種類の関係ではない。イスラエルの治安維持はロシアの最優先事項の一つだ。」と語った。

シリアでイラン人12人もの死者を出したイスラエルの攻撃の直後に、ロシア副外相がこのような発言をしたことに、Ynetの中東エキスパート、ロン・ベン・イシャイ氏は、注目する。

ロシアにとって、今はイスラエルとの関係の方がイランより重要になっているとイシャイ氏は見ている。

ロシアは今はシリアで大きな戦争になってほしくないと考えている。またシリアにおいて、イランに必要以上に勢力を伸ばしてもらいたくないと考えている。ロシアのねらいは、シリアを実質支配し、地中海への安全なアクセスを自らの支配に確保したいのである。

一方、今回の大胆な攻撃で、イスラエルは、だれになにを言われようが、自衛のために、シリア領内のイランへの攻撃はやめないということは明らかになった。ならば、イスラエルの行動を黙認し、イスラエルによって、イランを抑える方がロシアにとっては有益ということになる。

逆にイランにとっては、ロシアは失いえない存在。イランが、まだイスラエルに反撃に出て来ないのは、ロシアを気遣っている可能性もある。

こうしてみると、イスラエルが、今回、大胆に日中、イラン施設を攻撃したことで、この新しいロシア、イランの抑制システムが作り上げられたとも考えられる。

こうした計算以外にも、イスラエルは今、IT産業の最先端を行く国として注目されている。今年1月27日から3日間、テルアビブで行われたサイバーテック・カンファレンスには、世界70カ国から数千人が参加した。農業・水技術についても、イスラエルは注目される存在である。

この点からも、ロシアがイランより、イスラエルを重要視したとしても不思議はないだろう。

https://www.israeldefense.co.il/en/node/37314

しかし、1月末の攻撃があまりにも大胆であったことから、イスラエルのリブリン大統領や、アメリカ諜報部長官も、「今はイランもイスラエルとの衝突避けているが、イラン人に犠牲者が続けば、イランが反撃に転じて、中東での大きな戦争に発展する可能性はある。」と懸念を表明している。

https://www.jpost.com/Israel-News/Israeli-strikes-on-Iran-in-Syria-may-lead-to-war-US-intelligence-chief-579184

2)アメリカが、シリア南部に駐留を継続か

シリア北部、クルド人勢力地域に駐留していたアメリカ軍は、すでに撤退を開始している。しかし、1月25日の報道によると、シリア南部、シリアとヨルダン、イラク3国の国境付近、アル・タンフに駐留するアメリカ軍については撤退を最小限に留める可能性があるという。

この地域は、イランから地中海に続く経路にあり、米軍が駐留することで、イランが地中海へのアクセスをシーア派で固めることを妨害する可能性を残すことになる。もしこれが事実ならだが、いうまでもなく、イスラエルにとっては朗報である。

https://foreignpolicy.com/2019/01/25/us-considering-plan-to-stay-in-remote-syrian-base-to-counter-iran-tanf-pentagon-military-trump/

アメリカ軍が撤退を開始したことから、アメリカの呼びかけで、IS打倒の友軍に参加してきた国々は、2月6日、今後どうするかの話し合いをするという。

フランスは元シリア支配国(20世紀)であったことからも、今後も残留するとみられるが、イギリスは、ブレキシット(EU撤退)で忙しいこともあり、シリアから撤退するとみられている。

https://www.jpost.com/Middle-East/US-Syria-policy-Get-others-to-pick-up-the-slack-as-it-leaves-579337

<40回目のイラン革命記念日>

こうした中、2月1日、イランの首都テヘランでは、1979年のイラン革命から今年40年目を迎え、10日間の記念行事が始まった。2月1日は、前のパーレビ国王(アメリカ傀儡)が、国外へ逃亡した後、代わりにパリに亡命していたホメイニ師が、イランに帰国到着した日である。

ホメイニ師は、2月11日に政権を掌握。イランは、イラン・イスラム共和国となり、シーア派イスラム教指導者が支配する国となった。これをイラン革命という。

今年2月1日は、この日から40年目ということで、ホメイニ師の廟には数千人が集まり、いつものスローガン、「アメリカとイスラエルに死を!」と叫んだ。

https://www.i24news.tv/en/news/international/middle-east/194413-190201-chanting-death-to-america-and-israel-iran-celebrates-40-years-of-revolution

しかし、今、イランは、多くの国と敵対し孤立するとともに、物価も上昇、水不足で飢饉が続き、土地に穴があく現象が出るなどの事態になり、国の状態は、革命前より悪くなっている。この40年で、市民の革命に対する態度は、変わってきたとアルジャジーラは伝えている。

https://www.aljazeera.com/news/2019/01/40-years-khomeini-return-exile-iran-revolution-190130090622584.html
カテゴリ :シリア情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ガザ:カタールの支援金で新しい流れ 2019.2.2

 2019-02-02
カタールからの支援金が、ハマスの意向に反して(?)貧民に行き渡り、今週金曜には、これまでのような大きな国境での暴動が発生しなくなったという新局面とも見える動きになっている。以下はその経過である。

<カタールからの支援金を断ったハマス:パレスチナ内部事情>

ガザ地区のハマスにカタールからの支援金1500万ドルが、キャッシュでこれまでに2回(昨年11月、12月)搬入されたことはお伝えした通りである。資金は、ガザで公的に雇用され、未払いになっていた市民へ給与(パレスチナ自治政府が支払いを拒否したため)として支払われた。

イスラエルは、このキャッシュの搬入を認めることで、毎週のように行われているガザ国境での市民による暴動と、それに対応する中でパレスチナ人に死者が発生するといった悪循環が解消されることを期待した。

ところが、ガザ国境での暴動はいっこうにおさまらず、イスラエル軍への攻撃もあり、イスラエル軍がガザ内部への攻撃を行わなければならなかった(パレスチナ人1人死亡)ため、ネタニヤフ首相は、1月分として、ガザへ搬入する予定であったキャッシュにストップをかけた。

しかし、その翌日イスラエルが、資金搬入再会を認めると、そのまた翌日の1月24日、カタールの使者がガザへ来た際に、今度はハマスの方で、カタールの支援を断ると発表した。

ハマスは、エジプトとカタール、国連によって、(この支援金が入ることで毎週金曜のデモを沈静化しようとする)なんらかの合意に持ち込もうとすることに反対するとし、デモは、目標(イスラエル領内への”帰還”)を達成するまでこれからも続くと発表した。

また、現金搬入を黙認しているイスラエル政府が、これを総選挙の選挙対策の一つに利用することを避けたいとも言った。

しかし、実際には、カタールからの支援金を受けることについて、ハマスは、ファタハやPFLPなど他のパレスチナ組織から、「パレスチナ人の誇りを売っている」とか、「アメリカとイスラエルにパレスチナを分断させることに加担している」などと、批判を受けていたのであった。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Israel-formally-allows-Qatari-cash-flow-to-Gaza-Hamas-reportedly-refuses-578525

<カタールの1000万ドルが国連へ:国連から貧しい家族に配布>

ハマスが支援金を断ったため、カタールは、約1000万ドルの国連に資金を搬入。国連は、ガザの貧しい94000家族に、それぞれ100ドルを配布した。

これに加えて、カタールは、ガザの貧民への人道支援として、ハマスではなく、国連に2000万ドルを引き渡すとの覚書にサインした。この署名が行われたのは、エルサレムの国連本部であった。

カタールは、今後の3ヶ月、2月から4月まで毎月1000万ドルの貧民への配布を継続する予定だという。

国連の中東和平プロセス担当のニコライ・ミラデノブ氏は、ツイッターにて、これをガザの経済復興にとって大きな一歩と評価するコメントを出している。

カタールは、ガザ市民の人道危機に対し、1億5000万ドルを約束しており、これまで1500万ドルづつ2回、ハマスへ搬入された資金に続いて、これからの貧民へ国連から貧民へ配布される資金も、この約束支援金の中から配布されることになっている。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/UN-signs-agreement-with-Qatar-for-one-time-20-million-grant-578896

この配布の後の金曜2月1日、毎週の暴動に関する報道がない。ということは、少なくとも特記すべき大きな衝突がなかったということである。

ハマスが資金を断ったことで、イスラエルにとっては、よりよい結果になるという皮肉な流れになっているようにみえる。Yネットのエキスパートイシャイ氏もこれをイスラエルにとっての好転になりうると注目している。

<石のひとりごと>

ガザでは、食糧が不足しているのではないが、市民に資金がないために、食糧が買えないだけである。このために、ガザの人道支援においては、食糧ではなく、資金を市民に配布しているのである。

このほか、ガザの問題は、電気の不足により、水道、下水が十分に機能しておらず、衛生状況も危機的となっている。これは明らかにガザを支配するハマスの管理不備による人災である。

しかし、それでも人道危機であることには違いなく、そこからテロなどの暴力が発生するため、国際社会が支援に乗り出さなければならない。なんとも不条理なことである。

しかし、今回、ハマスが資金を断ったことで、最も貧しい貧民家族に資金が行き渡るシステムができ、金曜に暴動も報じられていないことは幸いであった。

イスラエルという国は、失敗も多く、神の裁きももっとも厳しく受けてきた。しかしその一方で、最終的には、守られ愛されている国であり、決して侮れない国であるということを再三思わされている。
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

西岸地区アップデート 2019.2.2

 2019-02-02
1)入植者とパレスチナ人の衝突続く

先週26日(土)午後、ラマラ北部で、アデイ・エルのユダヤ人入植者たちとパレスチナ人の間で銃撃戦となり、パレスチナ人1人が死亡。9人が負傷した。イスラエル軍と国境警備隊がこれをが両者を引き離して、沈静化させた。

パレスチナ側の情報によると、ユダヤ人入植者たちが、パレスチナ人の村アル・ムガヤルに侵入してきたことから、これを追い出そうとしたパレスチナ人らと銃撃戦にまでエスカレーとしたもようである。

一方で、アデイ・エルの入植者たちによると、パレスチナ人3人が、ユダヤ人少年を捉えて暴行しようとした際、少年手をナイフで刺すという事件が発生。入植者たちは、彼らから身を守るために、銃を使用せざるをえなかったと主張している。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/258162

パレスチナ人を撃ったのが、入植者であったか、かけつけたイスラエル軍であったかは不明。イスラエル軍は調査を行っているが、1週間経った今もまだ発表はない。

この一件で死亡したパレスチナ人は、ハムディ・タレブ・ナアサン(38)。4人の幼い子供の父親であった。しかし、これについては、後の調べで、ハムディが、イスラエルの刑務所を出入りしていたテロリストであったことが判明している。

30日には、エルサレム近郊の検問所で、パレスチナ人の10代の少女がイスラエル兵を刺そうとして、銃撃され死亡する事件も発生した。後に少女はラマラの高校に通うサマ・ズヘア・ムバラク(16)と判明。動機はまだわかっていない。

I24によると、こうしたイスラエル治安部隊をナイフで襲う一匹狼的なテロは、今も時々発生しているという。パレスチナ人の中には、個人的な背景から、イスラエル兵を襲って逆に射殺されることを自殺の手段に使うことがあることも明らかになっている。

https://www.i24news.tv/en/news/israel/194265-190130-palestinian-woman-neutralized-by-israeli-forces-after-attempted-checkpoint-stabbing

東エルサレム、西岸地区でも、日常は表向き、平穏に流れている。しかし、ニュースなどの面に出て来ない中で、パレスチナ人とイスラエル軍の衝突は、ところどころで発生している。

2)ヘブロンの国際団体を追放へ:ネタニヤフ首相

1995年、ヘブロンでは、モスクにおけるユダヤ人入植者による乱射事件で、パレスチナ人29人が死亡した事件があり、その後、ヘブロンをイスラエル、パレスチナで分けることとなった。ヘブロンは、双方にとって聖地である父アブラハムが葬られたとされるマクペラの洞窟がある。

1997年、イスラエルがヘブロンの80%から撤退して、その部分はパレスチナ人居住区となり、残りの20%はイスラエル人が住むことで、イスラエル(ネタニヤフ首相)と、パレスチナ自治政府(故アラファト議長)が合意した。これをヘブロン合意という。

これにより、マクペラの洞窟は、2つに分けられ、パレスチナ側とイスラエル側に分かれるという、いわば父の墓の前で、兄弟が争う形になったわけである。

以来、TIPH(Temporally International Presence in Hebron)という、非武装の国際監視団体(64人)が、両者の分離を監視することになった。TIPHに参加している国は、イタリア、ノルウェー、スェーデン、トルコとなっている。

1月28日、ネタニヤフ首相は、TIPHの駐留延長を認めない方針を明らかにした。

TIPHは、イスラエル兵がパレスチナ人に暴力を振るうなどのレポートをしてきたが、実際には、イスラエル軍、警察の公務執行妨害をしたり、入植者との争いを促したり、イスラエルを非難する種を探している極左団体を支援しているとの報告があがっている。

https://www.jpost.com/Breaking-News/Netanyahu-ends-mandate-of-international-observers-in-Hebron-578958

これについては、ネタニヤフ首相が右派の指示をとりつけるための一つだと評する記事もある。

3)自治政府ハムダラ首相辞任

パレスチナ自治政府のハムダラ首相が辞表を提出。受理された。これにより、パレスチナ自治政府では、新しい組閣をしなければならないが、時期政府に、PFLPなど、PLO以外の組織が加わらない見通しで、そうなると、ますますハマスとの距離があいて、パレスチナ人の分裂がさらに深くなると懸念されている。

https://www.jpost.com/Breaking-News/Palestinian-prime-minister-tenders-resignation-govts-to-Abbas-579047
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ダム決壊のブラジルへイスラエル軍救援隊派遣 2019.2.2

 2019-02-02
71845b76d1dff077712a63294a1e5a6ad2fee9d5.jpg
ブラジルへ向かうイスラエル軍救援隊 2019.1.27 写真出展:イスラエル軍スポークスマンオフィス

先週25日に、ブラジル南東部で発生したダムの決壊で、これまでに110人の死亡が確認され、不明238人も絶望的と大惨事になっている。

https://www.bbc.com/news/world-latin-america-47096011

これに対し、イスラエル軍は、27日、隊員130人からなる救援隊を派遣。2月1日、その使命を終えて帰国の途についた。

イスラエルの救援隊は、捜索活動で、生存者は発見できなかったが、35人の遺体を発見。死亡したとみられていた15人のグループの生存を書くん人するという成果をあげた。

https://www.jpost.com/Breaking-News/IDF-Aid-mission-in-Brazil-ends-579354

ブラジルのボルソナロ大統領は、帰国する救援隊に感謝のことばをツイッターで公表した。

https://www.i24news.tv/en/news/international/194396-190201-bolsonaro-thanks-israel-as-idf-ends-rescue-mission-in-brazil

ブラジルは、先ごろ福音派クリスチャンで極右とも評されるボルソナロ大統領が誕生。アメリカに続いて、ブラジル大使館をエルサレムへ移動することを公言している国である。先月、ネタニヤフ首相がボルソナロ大統領の就任式に出席したばかりであった。
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エルサレムで雪・・・一瞬 2019.1.17

 2019-01-17
16日、イスラエル北部から中央高地エルサレムにかけて、霧と強風を伴う冬の嵐が到来。夜になり、エルサレムでもわずかだが、一瞬、積雪が観測された。まもなく雨や雹になったが、朝起きて銀世界になっているかどうかが、楽しみでもある。

エルサレムでは16日、雪の予報から、大騒ぎで積雪除去の準備が行われ、学校は3時までに下校。ヤドバシェム(ホロコースト博物館)も予定より早く3時に閉館して職員を帰宅させていた。危険に備え・・というより、期待でいっぱいのエルサレムであった。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5448071,00.html

*阪神淡路大震災から24年

この記事をまとめている今、日本人時間の5:46を迎えた。1995年の本日、阪神淡路大震災で6434人が犠牲となってから早24年になる。時間の経過は本当に早いと実感させられるが、この震災で家族や大事な人を失った人々は、この日をどう迎えられているのだろうか・・・。

この震災以降、日本でも世界でも地震や津波、異常気象がだんだん過激になってきている。2019年、何が起こるのか、いくら知恵がついても、我々人類には予想もできないことである。
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イスラエルの将軍交代:新イスラエル軍参謀総長就任 2019.1.17

 2019-01-17
14日、15日、テルアビブの軍本部で、イスラエル軍参謀総長の交代式が行われた。

まず14日、2015年2月から4年間、イスラエル軍参謀総長を務めたガビ・エイセンコット氏(58)が任期満了により退任。15日、これまでエイセンコット氏と共に副参謀総長を務めてきたアビ・コハビ氏(54)が、第22代イスラエル軍参謀総長に就任した。

就任式には、リブリン大統領、ネタニヤフ首相も出席し、前参謀総長、新参謀総長にそれぞれ祝福を述べた。イスラエル軍参謀総長の交代は、国としては一大行事なのである。

この後、エイセンコット前参謀総長と、コハビ新参謀総長はそろって、歴代指導者と戦死者の墓地であるヘルツェルの丘を訪問。続いて嘆きの壁に赴いた。

コハビ参謀総長は、これまでに命をささげてきた全ての兵士たちとこれまでの参謀総長に続き、全力をかけて祖国を守ると嘆きの壁の、前で誓いを述べた。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5447091,00.html

<アビ・コハビ新参謀総長はベジタリアン>

コハビ参謀総長は現在54歳。学歴は、ヘブライ大学で哲学に続いて、ハーバード大学(US)で公的管理、ジョン・ホプキンス大学(US)で国際関係と、2つのマスターの学位をもっている。

1982年に従軍。パラシュート部隊に志願した。その後、士官の訓練を受け、2000年の第二次インティファーダから2002年の防衛の盾作戦(ガザ)での戦闘で諜報部の指揮をとった。その後、北部戦線の総指揮官も務めた。2017年5月から、副参謀総長となり、昨年10月、国会で、次期参謀総長の承認を受けていた。

コハビ参謀総長は、西岸地区のテロリスト逮捕のために家屋へ次々と突入の際、兵士たちを射撃手から守るため、5キロのハンマーを使って(穴をあけるながら?)突入する作戦を考案したことで知られる。非常に頭脳明晰な人物。

https://www.timesofisrael.com/aviv-kochavi-set-to-take-over-as-idfs-22nd-chief-of-staff/

妻と3人の娘がいる。軍人にしてはめずらしくベジタリアン。しかも、牛乳も卵も食さない徹底したベジタリアンのベーガンだという。

最も知力体力を要するイスラエル軍参謀総長がベジタリアンでやっていける。。。のであれば、我々凡人に実は肉は不要なのであろうか・・・

https://www.jewishpress.com/news/israel/idf/meet-vegan-philosophy-major-aviv-kochavi-new-idf-chief-of-staff/2019/01/15/

<石のひとりごと>

建国70年の節目を迎えたイスラエルに新しい将軍が誕生した。聖書時代で言うなら、さしずめ王になる前のダビデであり、ダビデが王になってからのヨアブ将軍である。

日本では自衛隊総長がだれになろうが、関心を示す国民はほぼ皆無であろう。しかし、イスラエル軍の参謀総長は、国の存亡というだけでなく、即、自分や夫、息子、娘たちの命にもかかわってくる非常に重大な人物である。

就任式の様子は、生放送で報じられ、メディアはいっせいにコハビ氏の人となりを報じた。

イスラエルは常に周囲を敵に囲まれている国である。特に今は、北からも南からもいつ戦争になっても不思議はなく、アメリカがシリアから撤退し始めた今、イランの脅威はこれまでなかったほどに大きい。西岸地区の治安も非常に厳しくなってきている。

INSS(国家治安研究所)は、現時点でのコハビ参謀総長の任務の重さを10項目にあげて指摘する。特に、北での最初の戦争への準備をあげている。

4年間の任期を無事終えたエイセンコット氏と、その妻の晴れ晴れとした表情から、これからのコハビ氏の任務の重さを、緊張を持って実感させられた。

http://www.inss.org.il/publication/ten-leading-challenges-facing-new-chief-staff/?utm_source=activetrail&utm_medium=email&utm_campaign=INSS%20Insight%20No.%201130
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫