FC2ブログ

ガザ停戦その後:カタールの資金で伝染病阻止か 2018.12.5

 2018-12-05
イスラエルとハマスの間で交わされた合意では、国境でのデモを沈静化させることが含まれていたことから、ハマスは、できるだけ国境に近づかないようにと指導したている。しかし、11月30日金曜、ガザ国境では、相変わらず1万人がデモに参加し、イスラエル軍との衝突で、17人が負傷した。

https://www.timesofisrael.com/10000-palestinians-protest-along-gaza-border-14-said-wounded-by-idf-fire/

停戦と並行して、カタールが調達した1500万ドルと、燃料1000万ドル分について、イスラエルでは反発もあったが、この資金により、ガザでは、下水処理が再開され、浄化された水が市民に配給されはじめたという。これにより、伝染病が予防され、間接的にはイスラエルの益になったかもしれないとのニュースが入っている。

Yネットによると、これまでガザ市民が、水道の供給を受けていたのは週に1回程度だった。今は2-3日に一回になっている。しかしそれでもまだ伝染病発生の可能性があるとして、国連は、ガザ市民へのワクチンを要請。ワクチンは、イスラエルからガザへ搬入されたとのこと。

カタールは、この資金供給を毎月6ヶ月継続することになっている。計1億5000万ドル(約170億円)になる。カタールの資金がテロではなく、ガザ市民のために使われつづけることを願うばかりである。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5414906,00.html
カテゴリ :パレスチナ関係 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

急変する北部情勢:ロシアによるシリア対空防衛完成か 2018.12.5

 2018-12-05
11月30日、シリア政府メディアSANAは、ダマスカス南部の町アル・キスワが、イスラエルからのミサイル攻撃を受けたため反撃し、ミサイル4発とイスラエルの戦闘機を撃墜したと発表した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5417116,00.html

アル・キスワは、イスラエルとの国境からわずか50キロ地点で、イランの軍事拠点があるとみられている。5月にもイスラエルによるとみられる攻撃で、イラン人8人とシリア人7人の計15人が死亡した。

さらに、その半年前にも同じ地域が攻撃されている。したがって、今回もイスラエルによる攻撃であった可能性は高い。しかし、イスラエル軍報道官は、これを否定。戦闘機の撃墜も否定した。

<ロシア:シリアの対空防衛完成か?>

シリアのイスラエル戦闘機を撃墜したという発表が本当なのかどうかは、知る由もないが、ロシアがいよいよシリアに地対空ミサイルS300, S400の配備を完了したのではないかとの見方があり、懸念が広がっている。

https://www.presstv.com/Detail/2018/12/02/581738/Russia-Syria-air-defense

シリアの地対空攻撃能力がたかまっていることは、9月に、ラタキアでヒズボラへの武器移送を阻止しようとして攻撃しに来たイスラエル軍機の迎撃を試みた時に、あやまってロシア機を撃墜したことからも懸念されていた。

この時、ロシア人乗組員15人が死亡したが、プーチン大統領は、「これは事故であった」と鶴の一声を発し、大きな衝突を避けた。その代わりに、堂々と、シリアにS300の配備を開始したとの声明を出したのであった。

それから2ヶ月。もし、今、ロシアが、シリアにS300の配備を終えたとしたら、今後、イスラエルが、イランからヒズボラへの武器移送を事前に攻撃したり、シリア領内でのイランの軍事行動を察して先手を打ったり、シリアの核兵器開発が疑われる場合の先制攻撃は非常に難しくなる。

ロシアがシリアの地対空防衛を強化するのは、中東でのアメリカの進出を食い止めるためである。これまでのところ、ロシアは、イスラエルについては、まだ協力関係を維持しているようだが、これは、シリアでイランが強くなりすぎないようにするためと考えられている。

<不気味なロシアの進出:ウクライナ危機再び>

シリアで存在感を増し加えているロシアだが、ウクライナでもロシアの進出が、緊張感を増している。

11月25日、黒海に面するオデッサを出て、クリミア半島を回り、アゾブ海に向かっていたウクライナの砲艦2隻と牽引船の計3隻が、アゾブ海への入り口、ケルチ海峡で、ロシア海上保安船と衝突。ロシアは戦闘機やヘリコプターまで動員して、ウクライナ船に発砲し、ウクライナ人3-6人が負傷した。

その後、ウクライナ船3隻と、乗組員24人はロシアに拿捕された。24人はまだロシアに拿捕されたままである。

ロシアは最初、ウクライナ船が、ロシア領海を侵犯したと主張したが、ウクライナは、これはロシアの挑発だと主張した。今、2014年以来のウクライナ危機再来と懸念されている。

http://time.com/5469395/ukraine-defense-reservists-russia-tension/

*東西冷戦の発火点

ウクライナ砲撃船が向かっていたアゾブ海は、クリミア半島とケルチ海峡に挟まれた湾で、ウクライナ、親ロシア勢力、ロシアの3者がみな湾へのアクセスをもつ、複雑な湾である。問題は、黒海からこの湾に入るには、狭いケルチ海峡を通るしかないということである。

ロシアとウクライナは2003年に、海峡の通過の自由に合意しているが、2014年にロシアが、クリミア半島を併合すると、数年後には、ロシアがケルチ海峡に武力を強化し、通過する船の検問するようになっていた。これにより、アゾブ海に面するウクライナの港は、閑古鳥がなくようになり、経済的な打撃となっていった。

2018年には、ロシア領からケルチ海峡をまたいで、クリミア半島に至る橋が完成し、ロシアはますますこの湾での支配力を高めるようになっていた。

ウクライナは国際社会に、ロシアの動きを訴えたが、西側諸国はこれをとりあげなかった。今回の衝突でも、ウクライナは、ロシアが、アゾブ海を占領し、ウクライナへ侵攻してくる可能性があるとして、武力支援を要請したが、欧米は非難しつつも、これに応じる様子はない。

ウクライナが、単独でロシア軍に立ち向かえるはずもないのだが、ウクライナのポロシェンコ大統領は、予備役の招集と、国境の防衛を強化。東ウクライナとロシアとの国境を武装地帯とし、ロシア人男性(16-40歳)のウクライナへの通過を禁止する措置を発表した。期間は今の所30日間とされる。

ロシアは、これを、「緊張を高めるばかげた行為だ。」と言っている。また、ケルチ海峡の通過をロシアが妨害しているというウクライナの訴えも否定した。

ちょうどこの時、アルゼンチンでG20が行われたが、トランプ大統領は、この問題を西側への挑戦であるとして、予定されていたプーチン大統領との2者首脳会談をキャンセルした。

https://www.bbc.com/news/world-europe-46340283
カテゴリ :シリア情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ヒズボラの地下トンネルを摘発:北の盾作戦開始(重要) 2018.12.5

 2018-12-05
4日朝、イスラエルは、「北の盾作戦」と称して、北部レバノンからイスラエル領内に続く地下トンネルを破壊する作業を開始したと発表した。

これにより、レバノンのクファル・キラ村からイスラエルの町メトゥラに向かって掘られ、イスラエル領内に40メートル入り込んでいたトンネルが摘発され、破壊された。メトゥラの居住地からはまだ十分遠いので、住民への危険はないと、イスラエル軍は発表している。

イスラエル軍によると、トンネルの全長は200メートル、深さ25メートル、高さ2メートル、幅2メートルで、ハマスのトンネルより、かなり大きい。トンネル内部には、通信機能が備えられており、現実に使用中のトンネルとみられる。他にもトンネルはあるが、今の所、使用中だったのはこのトンネルだけとのことである。

レバノンとイスラエルの国境は、地盤も硬く、基本的に砂の南部ガザより、地理的に険しい。トンネルをここまで掘るのに2年はかかったとみられる。

心配されるのは、レバノンからの反撃だが、イスラエルのメディアによると、イスラエルは、作業に関して、イスラエルとレバノンの間を監視するUNIFIL(国連レバノン暫定駐留軍)に事前連絡しており、UNIFILを通じて、レバノン側にも連絡されていたもようで、今の所、国境の平穏は保たれている。

ヒズボラの地下トンネルについては、今発見されたのではない。ずっと以前から、地域住民が地下での掘削の音を聞いていたし、イスラエル軍も、やがてヒズボラが、北部国境の町に侵入して、ガリラヤ一帯を占領しようとしているという情報は把握していたのであった。

ではなぜこのタイミングかだが、ロシアがシリアの対空能力を上げていることはじめ、以下のようなことが発生し、北部情勢が、変わりつつあるということがあげられる。

1)イランからレバノンへ民間機で武器直送で緊張

シリアの内戦が終焉し、ロシアからイラン、イラク、シリア、レバノンと、地中海まで地つづきでつながるという状況になってきた。イスラエルにとってはきわめて危険な事態である。ロシアも加わって、北から一気に攻撃される用意ができたようなものだからである。

このような中、11月29日、軍事物資を満載しているとみられる民間機が、イランから、イラク上空を通って、レバノンのベイルートに到着した。アサド政権が、シリア上空の支配権を取り戻したことで、イランはレバノンまでの空路を使えるようになって、ヒズボラに武器を空輸できるようになったのである。

https://www.timesofisrael.com/tehran-beirut-cargo-flight-sparks-concerns-iran-arming-hezbollah-directly/

これまでイランは、武器をいったんシリアに搬送し、そこからヒズボラへ搬送していた。このため、イスラエルは、武器がまだシリア領内にあるうちに、破壊することができた。これについては、ロシアがシリアの地対空防衛能力を強化したことで、今、かなり困難になったといえる。

この上に、軍事物資が、イランから空輸で直送されるようになれば、ヒズボラの武力は一気に高まり、懸念されてきたイスラエル北部への侵攻作戦が、いよいよ現実味をおびてくることになる。トンネルは今のうちに破壊しておかなければならない、ということである。

幸い、アメリカがイランへの制裁を再開してくれたので、イランは資金不足に陥っており、ヒズボラへの武器搬入は、かなり制約されているとみられる。

2)ヒズボラの脅威:精密な誘導ミサイル導入

イランからレバノンへの武器の直送を受けて、イスラエル軍は、ベイルートの飛行場の上空写真とともに(イランからの空輸は把握しているという意味)、アラビア語にて、「レバノンは、イランからの飛行機を受け入れるべきではない」との警告を出した。言い換えれば、これを続けるならイスラエルは攻撃するということである。

すると、ヒズボラは1日、「イスラエルが攻撃してくるなら、テルアビブを攻撃する。」と告げるプロパガンダ・ビデオをアップしかえしてきた。テルアビブやイスラエル軍を標的にしているというような、心理作戦をねらったクリップである。

これに対し、イスラエル軍は、「草の家に住む者が石をなげるべきではない。」との声明を出した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5417749,00.html

ヒズボラはすごんでいるが、実際にはイスラエルを攻撃することはないとみられている。トンネルの存在が明らかになった今、もし、今ヒズボラが攻撃を開始すれば、イスラエルにレバノン領内のトンネルをも破壊する道理をあたえてしまうからである。

しかし、今回の北の盾作戦により、ヒズボラのイスラエル北部への侵攻は防いだとしても、本来の脅威、15万発もあるみられるヒズボラのミサイル攻撃の可能性はそのままである。

シリア内戦が終焉に向かっている今、ヒズボラの脅威は、いよいよイスラエルに向けられるようになってきているので、ヒズボラが、ミサイルを撃ち込んで来る可能性はあると懸念する分析家もいる。ヒズボラが、すでにイランから精密な誘導ミサイルを入手しているとの情報もあり、非常に危険である。

<アメリカとの協力:ポンペイオ米国務長官と会談>

ネタニヤフ首相は、3日、北の盾作戦開始に先立ち、急遽、ブリュッセルのNATO本部を訪問中のポンペイオ米国務長官を訪問し、厳しい北部情勢についての報告を行った。

https://www.timesofisrael.com/meeting-pompeo-netanyahu-said-to-threaten-lebanon-if-no-clampdown-on-hezbollah/

ネタニヤフ首相とポンペイオ国務長官の会談の内容に関する発表はないが、レバノンがイランからの武器直送受け入れをやめないなら、イスラエルはレバノンを攻撃すると伝え、レバノン政府に圧力をかけるよう、要請したとも伝えられている。

中東情勢においては、今はアメリカよりロシアの方が影響力がある。これまでのところ、イスラエルは、シリア領ないでのヒズボラへの武器搬送を阻止する攻撃を続けるため、シリアで実質支配力のあるロシアの、黙認を得なければならなかった。

しかし、今や、ロシアによって、シリアの対空能力が高度化したことや、ヒズボラへの武器が、イランから直接空輸になるとなると、もはや、シリアでこれを阻止することができなくなる。となると、もはや、ロシアに取り入る時代は終わり、頼れるのは旧友アメリカということになるのかもしれない。

<石のひとりごと>

シリア内戦がアサド大統領の勝利で終わるみこみとなり、サウジや湾岸諸国の変化も合わせて、中東が大きく変わり始めている。いよいよイスラエルの北からロシアを筆頭としてイランを含む大軍勢が、イスラエルに攻め込むゴグ・マゴグの戦いの形が、形作られているようで緊張する。

イスラエルはそれに勝利するのであろうが、大変な被害が出ることだろう。主のあわれみが、イスラエルとその周辺諸国の人々にあるように・・
カテゴリ :レバノン情勢 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ネタニヤフ首相:国防相・外務相を兼務へ 2018.11.24

 2018-11-24
ガザから500初近いロケット弾が撃ち込まれるという軍事衝突から1週間になる。この衝突で、イスラエルでは死者1人(パレスチナ人)、負傷者27人。ガザでは、アラブ系メディアによると6人が死亡。双方の建物に甚大な被害を残した。

今回こそは、イスラエルが、大規模にガザを一掃するのではないかと緊張が高まったが、結局エジプトと国連の仲介で、今回も停戦ということになった。もし、イスラエル側の死者がパレスチナ人でなく、ユダヤ人であれば、話は違っていたかもしれない。

ともかくも、イスラエル南部は、家を失った人々は別として、平穏な1週間であった。しかし、イスラエル政府は、一時、解散総選挙になるとの騒ぎで、激震が走った1週間であった。

<リーバーマン国防相辞任で政府崩壊の危機>

ガザとの停戦直後、リーバーマン国防相が、今回もガザを一掃せず、ハマスとの停戦を決めた政府は、「短期的な平穏を得るために長期的な平穏を犠牲にした。テロ組織に屈服した。」と非難。もはや、この政権とともには歩めないとして、国防相を辞任し、連立政権からも離脱すると表明した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5401885,00.html

リーバーマン氏が導くイスラエル我が家党が離脱すると、与党と野党の議席の差はわずか2席となり、政権はあまりにも不安定になる。与野党双方から、総選挙するべきとの声が高まった。

ネタニヤフ首相は、「今は、左派政権が台頭するかもしれない機会を与える時ではない。今の右派政権を維持すべきだ。」と訴え、総選挙は避けるべきだと訴えた。

すると、ナフタリ・ベネット教育相が、欠員となった国防相のポストを要求すると表明。もしそれが叶わない場合、ユダヤの家党(ベネット氏が党首)も政権から離脱すると表明した。ユダヤの家党が離脱すれば、必然的に総選挙になる。

しかし、ネタニヤフ首相とベネット氏は不仲で知られる上、世論は、ベネット氏が防衛相にふさわしいとは思っていない。ネタニヤフ首相は連立政権内の各政党党首と、政権を離れないよう交渉を始めた。ユダヤの家党は最後に交渉が予定されていた。

この間、これに追い打ちをかけるように、ユダヤの家党に所属するシャキード法務相が、ベネット氏が防衛相にならない場合は、自分も辞任すると発表した。これはいわば、ネタニヤフ首相への最後通告である。この時点で、ネタニヤフ首相には、ベネット氏を国防相にするか、自ら国防相を兼任するか、選択肢は2つしかなかった。

結果、ネタニヤフ首相は、自らが国防相を兼任すると発表。「今は戦争の最中である。政府を潰すべき時ではない。」と閣僚らに協力を求めた。

http://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/254906

この時、元イスラエル軍参謀総長で、近い将来政治に参入するとみられているベニー・ガンツ氏が、ネタニヤフ首相を応援し、「防衛問題に政治が入り込むべきではない。」とのコメントを発表した。

https://www.timesofisrael.com/ex-idf-chief-backs-netanyahu-refusal-to-dissolve-government-over-security/

イスラエルのメディアは、すでに総選挙がいつになるかと予測する報道がはじまったが、予想外にも、ベネット教育相とシャキード法務相が、「ネタニヤフ首相がその覚悟なら、そうしてもらいたい。」と、政権に残留すると発表した。

結局のところ、ベネット氏は、ネタニヤフ首相に頭が上がらないのだと皮肉に報じるメディアもあったが、国のために、ベネット氏が、自らの力不足を認めたのかもしれない。ベネット氏が、降参したことで、ネタニヤフ首相は、総選挙の危機を一応乗り越えたのであった。

しかし、これで、ネタニヤフ首相が、国防相をも兼任することになった。ネタニヤフ首相は、すでに外務相、保健相も兼任しているので、首相とともに3閣僚を兼任することには無理がある。やはり国防相は、だれかを指名するべきだとの声は続いている。

チャンネル2の調べによると、イスラエルをとりまく治安状況は、これまでになく困難なものになりつつあることから、次期国防相には、元イスラエル軍参謀総長であるベニー・ガンツ氏を望む声が最も大きいとの結果になっている。

<デリ内務相汚職疑惑再び>

なかなかあやうい現ネタニヤフ政権だが、汚職問題も後を絶たない。ネタニヤフ首相自身とサラ夫人も、汚職問題で尋問を受けている身である。

さらに、正統派ユダヤ教政党シャスの党首で、内務相でもあるアリエ・デリ氏が、脱税で逮捕にすべきとの訴えが、イスラエル警察と税務局から出された。近く逮捕になる可能性がある。そうなると当然内務相の席も空席になる。これはネタニヤフ政権にとってもう一つの打撃になる。

デリ氏の汚職問題は、これが初めてではない。2000年に、内務相を務めている時に15万5000ドル(約2000万円)もの賄賂を取ったことが明るみに出て逮捕された前科がある。

この時、デリ氏は、22ヶ月間実質服役し、2002年に出所。2011年に政界へ復帰して、2013年に議員に返り咲いた。その後、2015年からは、シャス党が連立入りしたことで、党首であったデリ氏が、よりにもよって経財相のポジションを獲得。2016年からは、逮捕される直前と同じ内務相に復帰したのであった。

そのデリ氏がまた汚職で逮捕さわぎなのである。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5409992,00.html 

今にも倒れそうなネタニヤフ政権だが、今、与野党に、ネタニヤフ首相に代わってイスラエルを導く強い指導者はみあたらない。日本でも安倍首相に変われる人材がないと指摘されているのと同様に、結局、ネタニヤフ首相が政権にとどまるとみられている。

<イスラエル軍参謀総長も交代>

国防相が辞任する騒ぎとなっているイスラエルだが、イスラエル軍でも、現在のガビ・エイセンコット参謀総長が、4年の任期満了を迎えるにあたり、2019年から新しい参謀総長に交代する。

次期参謀総長(第22代目)に内定しているのは、エイセンコット参謀総長の元で服参謀総長であったアビブ・コハビ陸将(54)。

レバノン連絡将校、空挺部隊司令官、第二インティファーダ時代の西岸地区対テロ部隊司令官、ガザ担当司令官など、非常に豊富な経験を持つ。高いモラルも評価されたとのこと。ネタニヤフ首相にもすでに会っているが、来週、正式に内閣での承認になる見通しである。

https://www.jpost.com/Israel-News/Goldberg-Committee-confirms-Maj-Gen-Kochavi-as-next-IDF-chief-of-staff-572363

<イスラエル警察庁長官も交代>

イスラエルでは、警察庁長官も交代になる。モシェ・エドリ氏(51)。交通担当の他、エルサレムを担当した経験もある。今後、テロを含む国内の治安維持担当する。

新しい国防、警察など治安人事を覚えてとりなしを!
カテゴリ :イスラエル国内ニュース トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日常の戦争:ハマスのテロ計画を未然に摘発 2018.11.24

 2018-11-24
イスラエルの国防はイスラエル軍が守る。イスラエル国内は警察と国境警備隊、シンベトと呼ばれる諜報機関が守る。今年6月のエルサレムポストの記事によると、シンベトが未然に防いだテロは、2017年は400件、2018年6月までの時点で、250件にのぼる。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Shin-Bet-chief-reveals-Israel-has-prevented-250-terror-attacks-in-2018-559842

そのシンベトが先週、ハマスが、西岸地区で計画準備していたかなり大きなテロを未然に防いでいたことを明らかにした。

それによると、8月に西岸地区で逮捕したパレスチナ人オウズ・ラジョウブ(25)の自白によるもので、ハマス(カッサム部隊)に雇われたラジョブが、ガザからの指令で新型の爆弾を製造し、仲間を2人雇って、イスラエル国内での爆破テロを計画していたというものである。

ガザとの連絡は、イスラエル領内の病院での治療のために特別許可を得ていた高齢の女性が担当していた。ラジョウブによると、テロは、ショッピングモールやホテル、バスなどで10月には決行する予定だったという。

https://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Shin-Bet-thwarts-Hamas-terror-attacks-inside-Israel-572543

また今週になり、イスラエル兵たちの写真を、ソーシャルメディアなどを介してカッサム部隊などの間で拡散し、情報収集を行っているのが発見された。

この兵士たちは、先週、ガザ内部で活動していた時にハマスと戦闘状態になったイスラエル軍特殊部隊で、この時にM司令官が死亡している。この時にハマスの指導者も死亡しているため、この兵士たちはいわば指名手配といったところである。

大きな戦争になっていなくても、イスラエルでは日々こうしたハマスとの”戦争”は続いているということである。

https://www.timesofisrael.com/hamas-publishes-photos-of-what-it-says-are-idf-forces-who-conducted-gaza-raid/
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

イスラエル大使に初のアラブ人クリスチャン 2018.11.24

 2018-11-24
イスラエル外務省は、アゼルバイジャンへのイスラエル大使に、史上初めてとなるアラブ人クリスチャンのジョージ・デーク氏(34)を任命することを決めた。

デイーク氏は、テルアビブ・ヤッフォ生まれの法律家で、2008年からイスラエルの外務省に勤めている。これまでに、ナイジェリアとノルウェーで副大使を務めた。2014年のガザとの紛争の際には、ノルウェーで代理大使を務め、オスローで、シモン・ペレス前大統領の公式訪問を計画・実施している。

弁がたち、親イスラエルのカンファレンスでも講師を務める。オスロでは、イスラエルが、中東にあって、安定した民主国家であることを明言している。

イスラエルが人種差別の国ではないことを明白に証している人物である。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5408979,00.html
カテゴリ :イスラエル外交・防衛 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫